小選挙区比例代表連用制とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 小選挙区比例代表連用制の意味・解説 

小選挙区比例代表連用制

読み方:しょうせんきょくひれいだいひょうれんようせい
別名:連用制

選挙方式のうち「小選挙区制」と「比例代表制」のそれぞれの要素加え方式

小選挙区比例代表連用制は、現在の衆議院議員選挙採用されている「小選挙区比例代表併用制」(併用制)に似た方式である。有権者それぞれ2票を持ち比例代表区では政党選出する点は、「併用制」と共通している。その上で、小選挙区比例代表連用制では、比例代表議席配分する際に小選挙区配分結果考慮し、小選挙区議席少なかった政党ほど優先して比例代表議席配分できるような計算方法導入されている。

2012年1月25日民主党検討している衆議院選挙改革案において、現行の小選挙区比例代表併用制止めて小選挙区比例代表連用制を採用する案の検討始められている。

なお、類似した選挙方式として、小選挙区比例代表連用制、および小選挙区比例代表併用制の他に、「小選挙区比例代表並立制」と呼ばれる方式もある。

関連サイト
小選挙区比例代表連用制 - 現代キーワードQ&A辞典
民主、連用制を検討=合意優先し公明に配慮 - 時事ドットコム

小選挙区比例代表連用制

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/05 09:26 UTC 版)

小選挙区比例代表連用制(しょうせんきょくひれいだいひょうれんようせい)とは、選挙制度の一つで、小選挙区制の要素を加えた比例代表制である。


  1. ^ 政治改革に関し第126回国会において実現すべき事項に関する提言
  2. ^ 小選挙区制導入をめぐる政治状況 ―――その決定に「理」は尽くされたか 27頁
  3. ^ 衆院選挙制度、樽床氏“私案”に反対相次ぐ
  4. ^ 「連用制を一部導入」民主党が新たな私案
  5. ^ 民主、衆院45議席削減案を単独提出 一部に連用制
  6. ^ 自民、選挙制度改革で「比例特例枠60」を提案 中小政党に配慮
  7. ^ 小選挙区比例代表 連用制を検証する(意見書) - 自由法曹団
  8. ^ 比例定数は削減、小選挙区制は固定 - 自由法曹団
  9. ^ "MMP should not be confused with the additional member system used in the United Kingdom, which has no overhang seats and consequently is not completely a form of PR."[:en](2012年9月8日閲覧)
  10. ^ Matthew Shugart & Martin P. Wattenberg (ed). 2001. Mixed-Member Electoral Systems: The Best of Both Worlds? Oxford, UK: Oxford University Press. P.23.
  11. ^ [:en](2012年9月8日閲覧)
  12. ^ イタリアの具体的な制度については1994年イタリア総選挙を参照(上院については1948年イタリア総選挙も参照)。ハンガリーで次回総選挙から採用される制度については在ハンガリー日本大使館『2012年1月 -Monthly Review- 政治・経済月報(12月号)』p6-7 を参照。
  13. ^ en:Additional Member Systemの冒頭文など。(2012年9月8日閲覧)


「小選挙区比例代表連用制」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「小選挙区比例代表連用制」の関連用語

小選挙区比例代表連用制のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



小選挙区比例代表連用制のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの小選挙区比例代表連用制 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS