子宮腺筋症とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 子宮腺筋症の意味・解説 

子宮腺筋症

読み方:しきゅうせんきんしょう
別名:内性子宮内膜症

子宮筋肉中に子宮内膜ができる病気のこと。

子宮内膜は、通常子宮内面きるもので、増殖剥脱繰り返している。剥脱した時が月経である。

子宮腺筋症の症状は、いわゆる月経痛と同じように下腹部痛みを生じるケースがほとんどである。また、30歳代以降発症するケースがほとんどである。

子宮腺筋症は、子宮内膜子宮内面以外にできるもので、以前内性子宮内膜症呼ばれていた。なお、子宮内膜症子宮内膜卵巣などにできることで月経痛引き起こす症状で、外性子宮内膜症呼ばれていた。


しきゅうせんきん‐しょう〔‐シヤウ〕【子宮腺筋症】

子宮内膜の組織子宮筋層内に潜り込んで増殖する病気悪性疾患ではないが、強い月経痛月経過多がみられ、日常生活支障をきたす場合が多い。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「子宮腺筋症」の関連用語

子宮腺筋症のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



子宮腺筋症のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2021 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS