大平国祐とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 大平国祐の意味・解説 

大平国祐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/01 14:54 UTC 版)

大平 国祐(おおひら くにすけ)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将


  1. ^ 大平氏系図によると吾川郡弘岡城主とあるが、吉良氏居城として伝わるので不明な点がある。朝倉城との説もある。
  2. ^ 南海治乱記などでは、善通寺陣は永禄元年との記載がある。永禄元年には、国祐は土佐吾川郷に居たのであるから年号が合わない。元々、父国雅は香川氏の配下にあり、弟の国久や国秀なども麻や財田に居たので、その辺りの大平という説もある。
  3. ^ 香川県観音寺市豊浜町
  4. ^ 尾藤小四郎は重症で帰郷、後に怪我が元で死去。
  5. ^ 落城したことが定説とされるが国祐寺建立の同じ年であり、矛盾があるとも。また、大平家舎人祐甫回顧録によると、戸次川合戦の後、廃城とも見える。
  6. ^ 没落を悲しんでの入水自殺と伝わる。
  7. ^ 現在の香川県観音寺市豊浜町。
  8. ^ 国祐寺初代住職。
  9. ^ 月盈拝書 月海門人。
  10. ^ 日現拝書。
  11. ^ 国雅の母は三好婦楽之息女妙厳。
  12. ^ 備中守、川之江轟城主。


「大平国祐」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大平国祐」の関連用語

1
18% |||||



大平国祐のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



大平国祐のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大平国祐 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS