化学物質の情報管理システムとは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 産業・環境キーワード > 化学物質の情報管理システムの意味・解説 

化学物質の情報管理システム

 製品作るために化学物質は欠かせません。しかし、化学物質によっては人間の体に入り込んで病気誘発する恐れあります。こういった化学物質による人体への悪影響をなくすため、化学物質の厳重な管理求められています。
 日本では化学物質管理する大がかりなシステム6月末から動きだしました。アーティクルマネジメント推進協議会JAMP)という組織が作ったシステムです。化学物質情報管理を簡単にできるシステムとして期待されています。
 例えば、パソコンにはたくさんの電子部品が使われています。しかも部品1点1点で使われている化学物質違います。そこでパソコンメーカーは、部品ごとに化学物質調べます。ほとんどの場合、パソコンメーカーは部品含まれる化学物質情報部品メーカーから提供してもらいます。同じ部品テレビにも使われていると、部品メーカーはテレビメーカーにも情報提供します。
 JAMPシステムでは、部品にどんな化学物質が使われているのかを部品メーカーデータベースDB)に登録できます。あとはパソコンメーカーやテレビメーカーがDB検索機能使い部品化学物質情報入手できます。つまり、部品メーカーパソコンやテレビメーカーごとに情報提供する手間が省けます。パソコンやテレビメーカーも部品メーカー情報提供求め作業減ります。もちろん、たくさんの部品材料情報DBに登録されるほど、システムは便利になります
 JAMPシステムの名称は「JAMP-グローバルポータル」。JAMPには旭化成住友化学などの化学メーカーパナソニック日立製作所といった電機メーカーなど約350社が参加しています。「グローバルポータル」は化学電機といった業界垣根越え、どの業界企業でも利用できる、世界でも例のないシステムです。
 欧州では076月から化学物質規制REACHリーチRegistration,Evaluation,Authorization and Restriction of Chemicals)」の運用始まりました。リーチ製品含まれる化学物質種類や量を規制する法律です。「グローバルポータル」はこのリーチに対応できるシステムです。

(掲載日:2009/07/27)


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

化学物質の情報管理システムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



化学物質の情報管理システムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
財団法人経済広報センター財団法人経済広報センター
Copyright(C) 2018 KEIZAI KOHO CENTER. SANGYO DATA PLAZA All Rights Reserved.

©2018 Weblio RSS