共通ポイントカードとは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 産業・環境キーワード > 共通ポイントカードの意味・解説 

共通ポイントカード

共通ポイントカード 3月1日新しい「共通ポイントカード」が誕生しました。三菱商事系の共通ポイントサービスPontaポンタ)」で、コンビニエンスストアDVDレンタル店ガソリンスタンドなどの参加企業全国店舗ポイント付与還元サービス始めました。
 共通ポイントカードは、個々企業店舗が独自に発行する従来ポイントカードとは異なり、共通ポイントサービス加盟する複数企業店舗使えるのが特徴消費者は、購入100円につき1ポイント付与され、1ポイント当たり1円還元できるのが一般的です(ポイント付与率や還元率企業店舗によって異なります)。
 現在、国内最大手DVDレンタルTSUTAYAツタヤ)を展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブCCC)が2003年から本格的始めた「Tポイント」。TSUTAYAをはじめコンビニファミリーマートスリーエフガソリンスタンドの「ENEOS」(新日本石油)、古書販売ブックオフのほか、ロッテリア牛角ドトールコーヒー東急ホテルズなど、全国67社30609店舗利用でき、会員数は3420万人2010年1月時点)にのぼります。
 一方、「Ponta」は、加盟するコンビニローソンDVDレンタルゲオなどの既存ポイントカード会員移行することで、会員規模2000万人サービス始めました。昭和シェル石油ガソリンスタンド日本ケンタッキー・フライド・チキン(現在、千葉県のみ)、サカイ引越センターなど全国111万1900店舗3月1日時点)で利用できます
 Ponta三菱商事の持つたくさんの取引企業会員企業取り込むことで、今後消費者利便性が高まることが見込まれますし、Tポイント加盟企業拡大取り組んでおり、3月末からは20歳前後若者人気衣料販売店を展開するポイント東京都中央区)が新たにサービス始めます。
 共通ポイントカードは、財布中にカードを入れる必要がないこと、1たくさんの店舗ポイントを貯めて、還元できること、加盟企業業種多岐にわたり利用者あらゆる生活シーンに対応可能なことなどから、これから会員数の拡大見込まれています。野村総合研究所昨年調査によると、2010年度のポイント発行額は8061億円(1ポイント1円換算)と、初め8000億円の大台乗せるものとみられています。

(掲載日:2010/03/16)


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「共通ポイントカード」の関連用語

共通ポイントカードのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



共通ポイントカードのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
財団法人経済広報センター財団法人経済広報センター
Copyright(C) 2020 KEIZAI KOHO CENTER. SANGYO DATA PLAZA All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS