初桜酒造主屋とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 国指定文化財等データベース > 初桜酒造主屋の意味・解説 

初桜酒造主屋

名称: 初桜酒造主屋
ふりがな はつさくらしゅぞうしゅおく
登録番号 30 - 0092
員数(数): 1
員数(単位):
構造 木造2階建、瓦葺建築面積197
時代区分 大正
年代 大正初期
代表都道府県 和歌山県
所在地 伊都郡かつらぎ町中飯降85
登録基準 造形規範となっているもの
備考(調査): 紀ノ川上流部の老舗造り酒屋
施工者:
解説文: 大和街道南面する敷地の南寄り東西棟で建つ。桁行6間,梁行6間,入母屋造桟瓦葺,木造2階建の町家建築で,東方土間とし,西方床上部に2列3室を配し,2階正面側に3室の続き間座敷を設ける。良材を用い,床脇など趣向を凝らしたつくり特徴


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

初桜酒造主屋のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



初桜酒造主屋のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2020 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS