偶像礼拝とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 偶像礼拝の意味・解説 

偶像崇拝

(偶像礼拝 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/03 07:42 UTC 版)

偶像崇拝ぐうぞうすうはい: idolatry)とは、偶像を崇拝する行為である。


注釈

  1. ^ アッラーフは精神だけの存在なので、いつ、どこであってもその場にいる[要出典]

出典

  1. ^ 広辞苑』岩波書店
  2. ^ 日本国語大辞典』小学館
  3. ^ 出エジプト記(口語訳)#32:27-28
  4. ^ 歴代志下(口語訳)#34:1-7
  5. ^ イザヤ書(口語訳)#42:8
  6. ^ イザヤ書(文語訳)#42:8
  7. ^ 尾山令仁『ガラテヤの諸教会への手紙』p.285-286
  8. ^ 『ポリュカルポス殉教伝』The Martyrdom of Polycarp: The contemporary account of his death in the letter to the Smyrnaeans.
  9. ^ 尾山令仁『ヨハネが受けたキリストの啓示(黙示録)』羊群社
  10. ^ 西山俊彦『カトリック教会の戦争責任』サンパウロ
  11. ^ カリタス・ジャパン『ひびき-非暴力による平和への道』2006
  12. ^ 石黒イサク他『それでも主の民として』いのちのことば社
  13. ^ 『神社参拝拒否事件記録』美濃ミッション
  14. ^ 小野静雄『日本プロテスタント教会史』聖恵授産所出版
  15. ^ 奥山実他『教会成長シンポジウム』新生運動
  16. ^ 尾山令仁『今も生きておられる神』プレイズ出版
  17. ^ 尾山令仁『信仰生活の手引き』いのちのことば社
  18. ^ 滝元明『千代に至る祝福』CLC出版
  19. ^ a b ジョン・M.L.ヤング『天皇制とキリスト教』(日本における二つの帝国)燦葉出版社,The two empires in Japan by John M. L. Young
  20. ^ 中央神学校史編集委員会『中央神学校の回想-日本プロテスタント史の一資料として』
  21. ^ 中村敏 『日本における福音派の歴史』いのちのことば社 p.41
  22. ^ 『通俗正教教話』pp.212-214
  23. ^ Forgiveness for Shirk - Islamweb - Fatwas”. www.islamweb.net. 2021年1月31日閲覧。


「偶像崇拝」の続きの解説一覧

「偶像礼拝」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「偶像礼拝」の関連用語

偶像礼拝のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



偶像礼拝のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの偶像崇拝 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS