人物像・評価とは? わかりやすく解説

人物像・評価

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/10 03:39 UTC 版)

酒井忠清」の記事における「人物像・評価」の解説

非常に早口人物であり、落書「百物頭」や「中村雑記」などに、「早言の頭」「早口なる人」と記述されている。 第四以外の全ての子女正妻の子供であり、尚且つ唯一正妻の子でない第四子も最初の妻死別再婚前独身時代の子供である。歴史作家海音寺潮五郎はこの点を指摘して家庭内では律儀愛妻家であったではないか推察している。 綱吉将軍に就任する大老解任され越後騒動再審進められる中、忠清は解任からわずか1年後突如没したため、綱吉自殺ではないか疑問抱き、「墓を掘り起こせ」と命じるまでに執拗に何度も検死求めたというが、酒井家縁戚関係のある藤堂高久らは言い訳使いながらこれをかたくなに拒否したそのため忠清の死は尋常でなかったとする憶測呼んでいる。ただし、遺体前橋荼毘に付されているため、後世の創作ともされる。 また『中村雑記』は忠清と稲葉正則対比についても言及する。忠清は小柄正則大柄な男で、忠清は笑い上戸芸能を好む一方正則厳格で儒学を好むと両者は非常に対照的であった}。 『談海』の二十二巻には、忠清はじめ寛文8年1668年時の老中寸評がある。その中で忠清は「大海」と称されている。これは「和柔寛厚という意味だろうと解釈されている}。

※この「人物像・評価」の解説は、「酒井忠清」の解説の一部です。
「人物像・評価」を含む「酒井忠清」の記事については、「酒井忠清」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「人物像・評価」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

人物像・評価のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



人物像・評価のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの酒井忠清 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS