人工哺乳とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 生理 > > 人工哺乳の意味・解説 

人工哺乳


子牛生まれてから離乳するまでの哺乳期に、母牛から離して、人為的母乳または代用乳人工乳などを与え育てることです。

子牛は、生まれてから1週間らいの間母牛の乳を飲みながら過ごします。この時期の乳を初乳しょにゅう)といいます。初乳には、子牛体を作るために必要なタンパク質ミネラル多く含まれ、病気対す抵抗力与えたり便通よくするなど、子牛にとって大切な役目を果たしています。この初乳子牛だけのもので、出荷することは法律で禁じられています。

乳牛乳を搾ることが目的なので、生まれてまもなく、子牛母牛から離します。このため初乳含めて、乳は人が与えることになります。具体的には、乳や代用乳初乳給与期後に母乳代わりに与えるもの)を牛用の哺乳ほにゅうビン哺乳バケツ与えるのです。 通常、乳や代用乳40くらいに温めて、体重10%程度の量を1日2回に分けて与えます。そして生後6週間目くらいから良質乾草、あるいは穀類中心とした離乳濃厚飼料などで離乳させ、大体3ヵ月齢(げつれい)くらいから、親牛と同じ飼料切り替えます。


人工哺乳




人工哺乳と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「人工哺乳」の関連用語

人工哺乳のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



人工哺乳のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
一般社団法人中央酪農会議一般社団法人中央酪農会議
(C) 2021 Japan Dairy Council All right reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS