ボウアオノリとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 植物 > 藻類 > ボウアオノリの意味・解説 

ボウアオノリ Ulva intestinalis Linnaeus

アオサ目 アオサ科 (Ulvales Ulvaceae)
生育場所
ボウアオノリ 生態写真
生育場所
潮間帯上部から中部岩上またはタイドプールなど
分   布
日本各地
タイプ産地
Swedish Lappland.
ボウアオノリ 生標本写真
(生標本写真)

からだは管状細長い。1層の細胞層が円筒状に配列する。分枝することはほとんど無い。岩上一カ所から幾本も集まって束のように出ている。手触り柔らかい生体黄緑緑色。波の荒い岩上では長さ1cmにも満たないが,栄養の多い内湾河口近くでは100cmに達することもある。 広く養殖されているスジアオノリと同様に香り良く,干して食用とされる

属名Ulva女性名詞で,ケルト語ul)に由来する。種小名intestinalis」は,「腸の」の意味。

長さ10~20cm 環境により 1~100cm 幅:0.2~1cm


ボウアオノリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/06 18:55 UTC 版)

ボウアオノリ(Ulva intestinalis) は、アオサ藻綱アオサ属に属する藻類の1種で、 gutweed [2] あるいは grass kelp [3] などの別名でも知られる。2000年代初頭に分類学的再検討がなされるまで、本種を含む管状の藻体を持つ藻はアオノリ属(Enteromorpha)に分類されていた。




「ボウアオノリ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ボウアオノリ」の関連用語

ボウアオノリのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ボウアオノリのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
海藻海草標本図鑑海藻海草標本図鑑
Copyright (C) 2019 千葉大学海洋バイオシステム研究センター 銚子実験場 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのボウアオノリ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS