フィッシュボーン図とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > フィッシュボーン図の意味・解説 

特性要因図

読み方とくせいよういんず
別名:フィッシュボーンチャート,フィッシュボーン図
【英】fish bone chart, ishikawa diagram

特性要因図とは、ある問題点について、影響を及ぼす原因系統立てて表した図のことである。品質管理における「QC7つ道具」の一つとして数えられている。

特性要因図は、「店の売り上げ低下した」、「Webサイトアクセス数が減った」など、企業や団体が抱え問題解決策として、会議などで用いられることがある

特性要因図を作成するには、まず、平の矢印線を描き、その右側問題点を書く。次に平の矢印線に向けて斜め矢印線を描き、始点付近に要因を書く。さらに、斜めの矢印線に向けて矢印線を描き、始点付近に要因要因を書く。

特性要因図

特性要因図では、ポイントとなる要因を見つけ出し問題解決できる場合がある。

特性要因図は、図の形が魚の骨似ていることから、「フィッシュボーンチャート」、「フィッシュボーン図」とも呼ばれる。なお、特性要因図は、日本品質管理先駆者として知られている石川馨博士によって考案された。


参照リンク
「OR・IE」の解説 - (ITパスポート試験対策
企業活動のほかの用語一覧
品質管理:  散布図  システム監査  80–20の法則  特性要因図  トヨタ生産方式
国内企業・団体:  ASET  秋葉原クロスフィールド


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フィッシュボーン図」の関連用語

フィッシュボーン図のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



フィッシュボーン図のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ特性要因図の記事を利用しております。

©2020 Weblio RSS