パラゴムとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 加工 > ゴム > パラゴムの意味・解説 

ゴム


木材事情知らない人にとっては、何故木材ところに、ゴムがでてくるのか奇妙に感じられるのではないでしょうか。このゴムの木は、勿論天然ゴム原料ですが、その幹が最近木材原料として注目されるようになってきました。多分、ゴムの木材を材料としたテーブルのような家具をそうとは知らないで、使っている家庭も多いのではないでしょうか。パラゴムはもともとはブラジル原産ですが、いまでは、東南アジアなど熱帯各地域に広く植栽されており、重要な産物です。

木材
心材辺材の色の差はほとんどなく、淡黄白色です。したがって、いろいろな色をつけることが容易です。一方で変色の害を非常に受けやすく、水分の高い状態で、ちょっと油断をすると、ひどい場合には、黒い汚い木材になってしまいますので、迅速に乾燥をする必要があります木理はほとんど通直で、肌目はやや粗です。気乾比重は0.56-0.64で、硬さ中庸木材といえます。切削などの加工は容易です。

用途
代表的なものとしては家具材料あります産地部品加工されたものが日本輸入されています。熱帯各地広く植栽されていますし、また、木が古くなると植えかえる必要があるため、一定量供給期待出来るよい材料といえます。




パラゴムと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「パラゴム」の関連用語

パラゴムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



パラゴムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2019 All Rights Reserved, Copyright

©2019 Weblio RSS