ニックトランスレーションとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 学問 > 生物学用語 > ニックトランスレーションの意味・解説 

ニックトランスレーション


ニックトランスレーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/06 09:03 UTC 版)

DNA複製」の記事における「ニックトランスレーション」の解説

DNAリガーゼ隣り合ったデオキヌクレオチド間のジエステル結合触媒するが、大腸菌場合末端少なくとも数塩基ssDNAはみ出し、かつ互いのその部分塩基対を成す2本のdsDNAを通常必要とする。娘鎖が完成するためには、DNA複製開始土台として合成されプライマーRNADNA変換しなければならない。この過程をニックトランスレーションと呼ぶ。まず、RNアーゼH がプライマー発見し除去する。ただし、娘DNA末端結合したプライマー末端であったリボヌクレオチド除けない。なぜなら、RNアーゼHの機能リボヌクレオチド間の結合切断に過ぎないからである。そこで、末端リボヌクレオチドは 5'エキソヌクレアーゼが受け持つ。この酵素DNAおよびRNA5'末端から分解する。こうして、娘鎖に紛れRNA除去完了する次にプライマー消失により生まれた隙間ギャップ)をDNA埋める。こちらも2つ酵素による2段階であるが、まずDNAポリメラーゼ執り行うギャップ端のDNA3'を土台に、ギャップは完全に埋まる。しかし、ここまでで完全な娘鎖が出来上がったわけではない。ここで埋まるDNAギャップ端だったDNAはつながらず、このままでは娘鎖に切れ目ニック)が残る。DNAポリメラーゼ認識した3'末端新しデオキシヌクレオチド5'末端をつなげるだけなので、補完DNA3'末端と、最終的にぶつかるDNA5'末端との結合触媒しない。こうして生まれニックDNAリガーゼDNA連結酵素)で連結される上記4つ酵素によりプライマーRNAは完全にDNA置き換わる

※この「ニックトランスレーション」の解説は、「DNA複製」の解説の一部です。
「ニックトランスレーション」を含む「DNA複製」の記事については、「DNA複製」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ニックトランスレーション」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ニックトランスレーション」の関連用語

ニックトランスレーションのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ニックトランスレーションのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
JabionJabion
Copyright (C) 2024 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのDNA複製 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS