シュミレーションとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > シュミレーションの意味・解説 

シュミレーション

別表記:シュミレイション

シミュレーション」を誤って述べた言い方。「シミュレーション」の意味は、検討すべき事象模擬的環境において再現する形で実験すること。

「シュミレーション」の英語の元の綴りsimulation であり、発音は /sɪmjuːˈleɪʃən/ である。あえてカタカナ表記するならば「シミュレーション」が近い。

日本語には「シュミ」と発音する語はあっても「シミュ」と発音する語はほぼ皆無であり、日本人が「シュミ」の音に寄ってしまう傾向ある意味では致し方ない

シュミレーション

英語:simulation

「シュミレーション」とは「シミュレーション(英: simulation)」の誤りである。あるいは、「シミュレーション」の言い誤りそのまま世間的定着した語とも言い換えられる。

語源
英語のsimulationには「真似」「擬態」「模擬実験」といった意味があり、日本語では特に「模擬実験」を指す意味で「シミュレーション」と表現されることが多い。simulation名詞であり、動詞simulateから派生した語である。語源遡るラテン語の「similis」に行き着く。このsimilisは形容詞similar(類似)の語源でもある。

背景
シミュレーションの「シミュ」という音はいかんせん日本語発音体系の中ではほぼ皆無といってよいほど稀な発音であり、言いにくい。他方シュミ」は「趣味」の読み方として馴染みがある。そのような脈絡で何となく「しゅみレーション」という発音変化したもの捉えられる。

シミュレーション→シュミレーション」のように、音の要素前後順が入れ替わる現象は、言語学および音声学分野では「音位転換」(メタセシス)と呼ばれる。たとえば「舌鼓」(した・つづみ)が「したつづみ」と発音される例や「新しい」(あらた-しい)が「あたらしい」と読まれる例も音位転換該当する。

舌鼓」や「新しい」のような語はすでに音位転換を経た読み方国語として定着しているが、「シュミレーション」については最近シミュレーション」への是正進んできている。

シュミレーション


シュミレーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/26 08:10 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

もしかして

シミュレーション

ではありませんか?

このページは正しい表記の記事への誘導のためのページです。その他の用法は、シュミレーションの検索結果をご覧ください。
編集者向け:このページへリンクしているページを見つけたら、リンクを適切な項目に張り替えて下さい。(Template:もしかして)


シュミレーション

出典:『Wiktionary』 (2019/05/13 01:18 UTC 版)

名詞

シュミレーション

  1. シミュレーション誤記


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「シュミレーション」の関連用語

シュミレーションのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



シュミレーションのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシュミレーション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのシュミレーション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS