グルコース輸送体とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 体組織 > 輸送体 > グルコース輸送体の意味・解説 

グルコース運搬体

同義/類義語:グルコース輸送体
英訳・(英)同義/類義語:Glucose carrier, ion gradient driven, glucose transporter, , Glucose transporter, transcytosis

細胞内にグルコース取り入れたり細胞外に分泌するための輸送体総称

グルコーストランスポーター

(グルコース輸送体 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/16 08:11 UTC 版)

グルコーストランスポーターまたはグルコース輸送体ないし糖輸送体英語:glucose transporter、GLUTあるいはSLC2Aと略記)は、大部分の哺乳類の細胞に見出される一連の膜タンパクファミリーである。


  1. ^ Hediger M, Rhoads D (1994). “Molecular physiology of sodium-glucose cotransporters”. Physiol. Rev. 74 (4): 993–1026. PMID 7938229. 
  2. ^ Henderson P (1993). “The 12-transmembrane helix transporters”. Curr. Opin. Cell Biol. 5 (4): 708–21. doi:10.1016/0955-0674(93)90144-F. PMID 8257611. 
  3. ^ H.H. Freeze (1999). “6 Monosaccharide Metabolism”. In Varki A, Cummings R, Esko J, et al.. Essentials of Glycobiology. Cold Spring Harbor (NY): Cold Spring Harbor Laboratory Press. ISBN 0-87969-559-5. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/books/NBK20703/#402. 
  4. ^ Oka Y, Asano T, Shibasaki Y, Lin J, Tsukuda K, Katagiri H, Akanuma Y, Takaku F (1990). “C-terminal truncated glucose transporter is locked into an inward-facing form without transport activity”. Nature 345 (6275): 550–3. doi:10.1038/345550a0. PMID 2348864. 
  5. ^ Hebert D, Carruthers A (1992). “Glucose transporter oligomeric structure determines transporter function. Reversible redox-dependent interconversions of tetrameric and dimeric GLUT1”. J. Biol. Chem. 267 (33): 23829–38. PMID 1429721. 
  6. ^ Cloherty E, Sultzman L, Zottola R, Carruthers A (1995). “Net sugar transport is a multistep process. Evidence for cytosolic sugar binding sites in erythrocytes”. Biochemistry 34 (47): 15395–406. doi:10.1021/bi00047a002. PMID 7492539. 
  7. ^ Hruz P, Mueckler M (2001). “Structural analysis of the GLUT1 facilitative glucose transporter (review)”. Mol. Membr. Biol. 18 (3): 183–93. doi:10.1080/09687680110072140. PMID 11681785. 
  8. ^ Seatter M, De la Rue S, Porter L, Gould G (1998). “QLS motif in transmembrane helix VII of the glucose transporter family interacts with the C-1 position of D-glucose and is involved in substrate selection at the exofacial binding site”. Biochemistry 37 (5): 1322–6. doi:10.1021/bi972322u. PMID 9477959. 
  9. ^ Hruz P, Mueckler M (1999). “Cysteine-scanning mutagenesis of transmembrane segment 7 of the GLUT1 glucose transporter”. J. Biol. Chem. 274 (51): 36176–80. doi:10.1074/jbc.274.51.36176. PMID 10593902. 
  10. ^ Thorens B (1996). “Glucose transporters in the regulation of intestinal, renal, and liver glucose fluxes”. Am. J. Physiol. 270 (4 Pt 1): G541–53. PMID 8928783. 
  11. ^ Thorens B. and Mueckler M. (2010). “Glucose transporter in the 21st Century”. American Journal of Physiology 298 (2): E141-E145. doi:10.1152/ajpendo.00712.2009. 
  12. ^ Bell G, Kayano T, Buse J, Burant C, Takeda J, Lin D, Fukumoto H, Seino S (1990). “Molecular biology of mammalian glucose transporters”. Diabetes Care 13 (3): 198–208. doi:10.2337/diacare.13.3.198. PMID 2407475. 
  13. ^ http://www.akita-noken.jp/index.php?id=75 秋田県脳血管研究センター [リンク切れ]
  14. ^ 鎌田勝雄糖尿病治療薬 (星薬科大学オープン・リサーチ)
  15. ^ 鎌田勝雄脂肪細胞とインスリン抵抗性 (星薬科大学オープン・リサーチ)
  16. ^ Page 995 in: Walter F., PhD. Boron (2003). Medical Physiology: A Cellular And Molecular Approaoch. Elsevier/Saunders. pp. 1300. ISBN 1-4160-2328-3. 
  17. ^ Uldry M, Thorens B (2004). “The SLC2 family of facilitated hexose and polyol transporters”. Pflugers Arch. 447 (5): 480–9. doi:10.1007/s00424-003-1085-0. PMID 12750891. 
  18. ^ Robert K. Crane, D. Miller and I. Bihler. “The restrictions on possible mechanisms of intestinal transport of sugars(小腸の糖輸送とおぼしき機構の制限)”. In: Membrane Transport and Metabolism. Proceedings of a Symposium held in Prague, August 22–27, 1960. Edited by A. Kleinzeller and A. Kotyk. Czech Academy of Sciences, Prague, 1961, pp. 439-449.
  19. ^ Ernest M. Wright and Eric Turk. “The sodium glucose cotransport family SLC5”. Pflügers Arch 447, 2004, p. 510. 『1961年のクレインの論文は、能動輸送を説明するのに共輸送の概念を系統立てて説明した初めてのものである [7]。特に、彼は 刷子縁膜越しの小腸上皮内へのグルコースの蓄積が、楽にできる刷子縁越しのナトリウムイオン輸送と対になっていることを発表した。この仮説はすぐさま試験され、純化され、演繹されて、多様な種類の分子とイオンがほとんどすべての種類の細胞で能動輸送されていることを明らかにした。』
  20. ^ Boyd, C A R. “Facts, fantasies and fun in epithelial physiology”. Experimental Physiology, Vol. 93, Issue 3, 2008, p. 304. 『現在出回っているすべての教科書のなかでも今回すぐれて目を惹くのは、ロバート・クレインがもともと1960年に出版した学会論文に補遺として発表された文章である (Robert K. Crane et al. 1960)。鍵となる用語は「flux coupling(双流対)」で、これはナトリウムとグルコースが小腸上皮細胞の頂端膜で共輸送されることである。半世紀後、この考えはすべての膜輸送タンパク質 (SGLT1、ナトリウム-グルコース共輸送タンパク)の中でも最もよく研究されたものとなっている。』


「グルコーストランスポーター」の続きの解説一覧





グルコース輸送体と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

グルコース輸送体に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「グルコース輸送体」の関連用語

グルコース輸送体のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

あかしあ

天竜奥三河国定公園

内装

重要港

ミサキヤドカリ

探偵倶楽部

C-1

モハ1形





グルコース輸送体のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JabionJabion
Copyright (C) 2017 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのグルコーストランスポーター (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS