クラスレートとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 氷蓄熱システム用語 > クラスレートの意味・解説 

クラスレート clathrate

化合物内部空孔中に,他の特定の原子又は分子取り込んだ特定の結晶構造をもつ物質。特に水分子とほかの物質結合した分子化合物水和剤又は水和物という。 #包接化合物をみよ!

クラスレート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/09/04 19:36 UTC 版)

クラスレート(Clathrate)とは、結晶格子によって作られた空間の中に小さな分子が取り込まれ、共有結合によらずして安定な物質として存在しているものをいう。包摂化合物(ほうせつかごうぶつ:包接抱摂などの表記もある)ともいう。例としては、メタンハイドレート分子の間にメタン分子が取り込まれた固体)などがある。天然ガスハイドレート中の水分子を、ケイ素と酸素で置き換えた構造に相当する鉱物(千葉石)も確認されている[1]


[ヘルプ]
  1. ^ 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 (2011年2月16日). “天然ガスを含む新鉱物『千葉石』”. 2015年7月閲覧。


「クラスレート」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「クラスレート」の関連用語

クラスレートのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

K 1200 R Sport

ヤマクワ

鳥口

糸のラベルの見方

蝶結び

アフリカゾウ

シルバークイーン

ビクトリー





クラスレートのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2017 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクラスレート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS