キイロダカラとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > キイロダカラの意味・解説 

キイロダカラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/10 03:31 UTC 版)

キイロダカラ(黄色宝)、学名 Monetaria moneta は、吸腔目タカラガイ科に分類される巻貝の一種。インド洋太平洋の熱帯・亜熱帯海域に広く分布する小型のタカラガイである。本種の貝殻はかつて、アフリカインド中国太平洋諸島の各地で貝貨貨幣)として使われた歴史をもつ[1][2][3][4][5][6][7][8][9]


  1. ^ a b c d 吉良哲明, 1959. キイロダカラ(メンガタダカラ), 「原色日本貝類図鑑」増補改訂版, 20図版, 51p. 保育社
  2. ^ a b c d e f 小菅貞男, 1994. キイロダカラガイ, ポケット図鑑「日本の貝」45p., 49p. ISBN 4415080480, 成美堂出版
  3. ^ a b c d 波部忠重・小菅貞男, 1996. キイロダカラガイ, 「エコロン自然シリーズ 貝」改訂版, 20図版, 54p. ISBN 9784586321063, 保育社
  4. ^ a b c d Poutiers, J. M., 1998. Cypraea moneta. Gastropods in: FAO Species Identification Guide for Fishery Purposes: The living marine resources of the Western Central Pacific Volume 1. Seaweeds, corals, bivalves and gastropods. Rome, FAO, 1998. 503p. 2013.1.24閲覧
  5. ^ a b c d 今島実ほか, 1999. キイロダカラガイ, 内田亨監修「学生版 日本動物図鑑」重版, 304p. ISBN 4832600427, 北隆館
  6. ^ a b 行田義三, 2003. キイロダカラ, 「貝の図鑑 採集と標本の作り方」120p. ISBN 4931376967, 南方新社
  7. ^ a b c d 奥谷喬司, 2006. キイロダカラ. 奥谷喬司・楚山勇 新装版山渓フィールドブックス 4「サンゴ礁の生きもの」124-125p. ISBN 4635060616, 山と渓谷社
  8. ^ WoRMS - World Register of Marine Species - Monetaria moneta (Linnaeus, 1758) 2013.1.24閲覧
  9. ^ a b c 静岡県自然学習資料センター 静岡県/静岡の自然を学ぼう/キイロダカラ【貝】 2013.1.24閲覧


「キイロダカラ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「キイロダカラ」の関連用語

キイロダカラのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



キイロダカラのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキイロダカラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS