カランパヤンとは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 外材一覧 > カランパヤンの意味・解説 

ラブラ


インドインドシナマラヤスマトラボルネオフィリピンジャワセレベスチモールニューギニアソロモンなどにわたり広く分布しています。陽樹成長早いので、熱帯多く地域造林されています。森林伐採した跡地大面積にわたって一斉に生えていることが、しばしばあります造林樹種としてはよく知られてはいますが、木材としてはあまり高い評価をされていません。

木材
心材辺材の差ははっきりしていません。木材の色は淡黄白色で、ながい時間経過すると段々と褐色になっていきます。木理はやや交錯することがあります。肌目は粗です。気乾比重は0.35-0.53で、木材は軽軟です。軽軟なため、切削などの加工は容易です。木材保存性は低く、早く乾燥をしないと、変色の害を受けてしまい、木材の色が汚くなり商品として使いにくくなります。色が薄く、軽軟であるためそのことを利用できる用途に使われています。

用途
上述たような性質から、マッチ軸木茶箱合板種々の芯材などに使われます。また、成長早いため、早く大量収穫出来ることを期待してパルプにすることを目標にして造林が行われています。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カランパヤン」の関連用語

1
36% |||||


カランパヤンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



カランパヤンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2019 All Rights Reserved, Copyright

©2019 Weblio RSS