でんししょめいとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 時事用語 > でんししょめいの意味・解説 

でん ししょめい [4] 【電子署名】

電子商取引などのネットワーク上のデータ交換で,本人であることを確認するための暗号化されたデータ

電子署名(でんし・しょめい)

真正電子文書保証するために付与される署名情報

大きな整数素因数分解するのはコンピュータを使っても困難であるという数学的性質応用して、電子文書送信者と内容正しいことを保証する技術のこと。

送信者は自分秘密鍵を使って電子文書暗号化して相手送信する。受信者は、送信者の秘密鍵と対になって生成された公開鍵を使って、その電子文書復号する。このとき、正しく復号できれば電子文書送信者が秘密鍵知っている真正人物であることが分かる

電子メールに電子署名を付与することによって、真正送信者であることを検証すると同時に電子メール内容送信途中で改ざんされていないことを確認できる。電子メール送信者を偽装して他人になりすますのは容易にできることから、セキュリティ向上を図る上で有効な手段となる。

三井住友銀行は、2006年5月22日から同行名義送信される電子メールに電子署名を付与すると発表した。同行を装って暗証番号を盗むフィッシング詐欺などの危険性低減する。

(2006.04.17掲載


電子署名

読み方:でんししょめい

電磁的記録記録することができる情報について行われる措置であって,(1)当該情報当該措置を行った者の作成係るのであることを示すためになされ,かつ,(2)当該情報について改変が行われていないかどうか確認することができるものをいう(電子署名2条1項)。電磁的記録記録された情報について本人による電子署名が行われている場合には,当該電磁的記録真正成立したもの推定される(電子署名3条)。

関連項目


(注:この情報2007年11月現在のものです)

電子署名

読み方:でんししょめい
【英】electronic signature

電子署名とは、紙文書におけるサイン印鑑同等役割を果たすものとして、電子的に作成された署名のことである。

電子署名の技術は、デジタルデータ送信者が本当に正し相手なのか、送信されてきたデジタルデータ途中で改ざんされていないのかを、確認するために用いられる。電子署名を実現する仕組みとしては、公開鍵秘密鍵という2種類の鍵を用いて暗号化を行う、公開鍵暗号方式が有力である。

2000年5月には「電子署名及び認証業務に関する法律」が成立し、翌2001年4月施行された。これによって電子署名が手書き署名印鑑と同じように通用する法的基盤整備された。

なお、電子文書正当性保証するために与えられるデータは、デジタル署名デジタルシグネチャ)と呼ばれる


参照リンク
電子署名及び認証業務に関する法律の施行について - (総務省情報通信政策局
セキュリティのほかの用語一覧
電子証明書:  SSLサーバ証明書  デジタル署名  電子公証サービス  電子署名  VA
認証方式:  AntiMalware-ASP  AXE


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「でんししょめい」の関連用語

でんししょめいのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



でんししょめいのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2019 時事用語のABC All Rights Reserved.
www.sekidou.comwww.sekidou.com
© 1996-2019 Sekidou Kousuke.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ電子署名の記事を利用しております。

©2019 Weblio RSS