TED (カンファレンス) TED (カンファレンス)の概要

TED (カンファレンス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/04/18 05:05 UTC 版)

TED
TED wordmark.svg
URL トップページ
日本語版トップページ
スローガン ideas worth spreading (広める価値のあるアイデア)
タイプ ビデオ・オン・デマンド
登録 任意(閲覧には不要。コメント、字幕翻訳には必要)
使用言語 英語(一部動画には多言語での字幕あり)
運営者 クリス・アンダーソン (TED Conferences, LLC)
設立者 リチャード・ソール・ワーマン
ハリー・マークス
設立日 1984年
収益 スポンサー、会員からの会費など
現状 現在運営中
TEDのキュレーター、クリス・アンダーソン。
TED Global

TEDが主催している講演会の名称をTED Conference(テド・カンファレンス)と言い、学術エンターテイメントデザインなど様々な分野の人物がプレゼンテーションを行なう。講演会は1984年に極々身内のサロン的集まりとして始まったが、2006年から講演会の内容をインターネット上で無料で動画配信するようになり、それを契機にその名が広く知られるようになった。

講演者には非常に著名な人物も多く、例えばジェームズ・ワトソン(DNAの二重螺旋構造の共同発見者、ノーベル賞受賞者)、ビル・クリントン(元アメリカ合衆国大統領、政治家)、ジミー・ウェールズ(オンライン百科事典Wikipediaの共同創設者)といった人物がプレゼンテーションを行なっているが、最重要事項はアイディアであり一般的には無名な人物も数多く選ばれプレゼンテーションしている。

講演会に出席するには、審査を受けた上で年会費8,000ドルを支払ってTEDの会員になる必要がある[1]

歴史

TEDはリチャード・ソール・ワーマンとハリー・マークスによって1984年に設立された。1990年から毎年カンファレンスが開催されている。カンファレンスは、1993年5月7〜9日に神戸で開催されたことがあり(TED 4)、2013年まではカリフォルニア州モントレーロングビーチで開催されていた。2002年の講演会の後にプロジェクトは設立者のワーマンの手を離れ(ワーマンはTEDMEDに専念)、その後、事業はクリス・アンダーソン(WIRED 誌クリス・アンダーソンとは同姓同名の別人)に引き継がれた。

TEDの事業の種類

TED Conference

TED Conference(TEDカンファレンス)はTEDの活動の中心的イベントで、アメリカカリフォルニア州ロングビーチ(2013年まで)で年1回開催される講演会のこと。カンファレンスは5日間にわたって開催され、この間 約70人のプレゼンターやパフォーマーが登壇し、1000人程の聴衆が講演を聴く。

TEDActive

TED conferenceと別都市で行われる同時開催のイベントであり、インタラクティブな生中継が行われる。独自のプレゼンターも登壇する。

TEDGlobal

TEDGlobal(TEDグローバル)はTEDカンファレンスの姉妹講演会。基本的なスタイルはTEDカンファレンスと同じだが、開催が一年おき、また開催地が毎回変わる。つまりはTEDカンファレンスの世界巡業版。第一回TEDグローバルは2005年、イギリスオックスフォードで開かれ、第二回は2007年、タンザニアのアルシャで開催された。講演テーマに関して、経済成長や開発といったグローバルな問題により重点が置かれている点にも特徴がある。

TED Open Translation Project

世界中のボランティアによる、字幕作成プロジェクト[2]。100言語以上に対応している。

TED Prize

2007年のTED Prize受賞記念講演。ルワンダの医療システム構築について語る元米国大統領、ビル・クリントン動画を見る(日本語字幕)

TED Prize(TEDプライズ)は2005年からはじまった賞。毎年3人におくられる。受賞者はカンファレンスで記念講演をおこなう。受賞賞金は100万ドル[3]

2005年
ボノ(ミュージシャン)、エドワード・バーティンスキー(写真家)、ロバート・フィッシェル(医療機器の発明家)
2006年
ラリー・ブリリアント(医療活動家)、ジェヘイン・ヌジェーム(映画監督)、キャメロン・シンクレア(建築家)
2007年
ビル・クリントン(政治家)、ジェームズ・ナクトウェイ(戦場カメラマン)、E.O.ウィルソン(生物学者、環境保護支援者)
2008年
ニール・テュロック(物理学者)、デイヴ・エガーズ(作家)、カレン・アームストロング(作家)
2009年
ジル・ターター (SETIディレクター)、シルビア・アール(海洋学者)、ホセ・アブラウ(音楽家)
2010年
ジェイミー・オリバー (料理人)
2011年
JR (ストリートアーティスト)

TEDTalks

インターネットで無料で公開されているTEDカンファレンスの講演ビデオ。ダウンロードしてiPodで閲覧することも可能。

TEDTalksは、ネットを通じて行なわれている動画の無料配信プロジェクトのこと。TEDTalksは2006年にスタートし[4]、それまで比較的無名だったTEDの名を広い範囲の人々に知らしめる役を果たした[5]。TEDTalksでは、TEDカンファレンス、TEDグローバル、TEDプライズ、TEDxの講演の中から、動画を公開しており、2012年3月時点で1200本を超える動画が公開されている。配信はTEDのホームページ http://www.ted.com 、およびYouTube上の公式チャネル http://www.youtube.com/TEDtalksDirector の両者を通じて並行して行なわれている。2009年5月、Nokiaの協賛で各言語への翻訳プロジェクトが開始された。日本語版のページはこちら(TED Talks in 日本語)。

TEDx

TEDの精神である「ideas worth spreading」 のもとに、TEDからライセンスを受け世界各地で発足しているコミュニティー。TEDの名称は使用しているが運営や人選、設営などにTED本体は関与していない。TEDxは2009年にTEDxTokyoが開催されたことで広まった。名称中にTEDの文字を含むのはTEDxがTEDのコンセプトを受け継いだ団体であることを示している。TEDxのカンファレンスは各地のスピーカーによる講演とTEDTalksのビデオの上映によって構成され、参加者が個々にディスカッションを通してアイデアを共有し、横のつながりを広げていく場でもある。世界中でTEDのコンセプトは広まりつつあり、2012年4月現在126カ国以上の800にも渡る都市でTEDxイベントが実施されている。


[ヘルプ]
  1. ^ TED Conference standard membership
  2. ^ [http://www.ted.com/about/programs-initiatives/ted-open-translation-project TED Open Translation Project
  3. ^ TED Prize
  4. ^ TED blog "Introducing TEDTalks" 27 June 2006 - 2006年7月27日のTEDBlogの記事。動画配信のスタートを伝えている。最終確認日 2008年1月16日。
  5. ^ TEDBlog "The New TED.com launches today Monday April 16th" 16 April 2007 - 2007年4月16日のTEDBlogの記事。動画配信が大きい反響を呼んだことから、サイト TED.com の構成を動画中心に大幅にリニューアルしたことを伝えている。最終確認日 2008年1月16日。
  6. ^ About TED - Sponsoring TED のページより。最終閲覧日 2007年1月13日。


「TED (カンファレンス)」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

TED (カンファレンス)に関連した本

TED (カンファレンス)に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「TED (カンファレンス)」の関連用語

TED (カンファレンス)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

箱根空木

簡易ボルト

スキーマー

福岡孝弟

ナルコユリ

Range Rover

バックロックナイフ

WS003SH





TED (カンファレンス)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのTED (カンファレンス) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS