希学園 希学園の概要

希学園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/03/13 18:05 UTC 版)

希学園

希学園 十三本部

理念 日本の未来を担うスーパーエリートを
養成するための英才教育の実践
設立 1992年4月希学園設立
学校種別 進学塾学習塾
対象 小学校3年生~小学校6年生
小学校1・2年生には希倶楽部を設置
学園長 黒田耕平
本部 大阪府大阪市淀川区十三本町1-5-4
教室 関西
十三本部教室
谷九教室
三宮教室
四条烏丸教室
堺東教室
学園前教室
西宮北口教室
豊中教室
高槻教室
本山教室
首都圏
東京本部教室
目黒教室
たまプラーザ教室
特色 生徒と講師の距離を短くし、
一体感あふれる授業を展開
ウェブ
サイト
希学園

略称は(のぞみ)。希学園歌は「明日への出発」。

概要

1992年設立。希学園現理事長は前田卓郎。1992年当時、浜学園内部で公然と専任講師不要論が飛び交うのに反発し、上位コースの有名講師陣を中心に[要出典]独立し希学園を設立。希学園のシンボルカラーは青。2009年6月11日より、学園長は黒田耕平である。

本部の所在地は大阪市淀川区十三本町。東京へ2004年に進出し、東京本部は品川区上大崎。

希学園は生徒との距離の近さを第一とし、クラス担任・チューター制による手厚い指導と教科専属の専任講師による質の高い授業が希学園の大きな特徴である。 希学園設立の経緯から専任講師の比率は非常に高く、非常勤講師も厳しいセレクションとカメラによる授業チェック、生徒のアンケートなどを通らねば授業への就任は許されない。[要出典]

授業は希学園で毎年新しく作成されるオリジナルテキストを中心に行い、授業・宿題プリント・復習テストの三点セットで復習中心の学習(スパイラル方式)を行うことで学習した内容の定着をはかっている。

希学園に入る(入室資格を得る)為の塾も存在する。[1]

沿革

講座

小学校2年生から小学校6年生を対象に講座を開設しており、基本的な内容を網羅するための講座をベーシックコースと呼び、授業と先週の授業範囲からの復習テストで構成されている(小3はその日の授業内容の確認テスト)。ベーシックコースでは、P,C,Lの3つのコースにわかれている。授業後には講師に質問できる無料の居残り自習が設定されている。 クラスは学力別クラス編成であり、復習テストや公開テストの成績を基に毎月クラスが変動する。

他に各科目ごとの補強講座や、基礎・実戦・最高レベル特訓などの応用講座、公開テスト成績優秀者のみに限定したプレミアム特訓、6年生からは志望校別のブロックに分かれ各学校の出題傾向に沿った問題演習を徹底的に行う志望校別特訓などを開設している。さらに祝日や受験直前には各種模試や様々な特訓授業が開講される。


脚注
[ヘルプ]


「希学園」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

希学園に関連した本

希学園に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「希学園」の関連用語

希学園のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アッカーマン・ジャントー理論

久留米ラーメン

フレリトゲアメフラシ

キツネタケ

隠顕岩

ヤブタビラコ

小原和紙

ニー アクション





希学園のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの希学園 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS