FSとは?

FS

別表記:F/S

一般的にフィジビリティスタディ」(feasibility study)の略。計画実現可能であるかどうか見極めるために、あらかじめ行なわれる調査。「フィジビリ」と呼ばれる場合もある。

F/S

読み方エフ・エス
英文正式名Feasibility Study
日本名(略称):フィージビリティー・スタディー

援助国が、ODA要請案件に関し、経済面技術面の分析結果踏まえて作成し、援助国に提出する実施計画書。

※この記事は「財務省」ホームページ内の「国際関係略語集」の2008年10月現在の情報を転載しております。

FS(F-term for preparing files that is subdivided with Single view point)

Fターム1つFIによる細展開では十分に分けられていない分野に対して分冊を細展開したファイル作成するためのもの。


FS 【Frame Synchronizer】


フレーム シンクロナイザー(FS) 【frame synchronizer】

デジタルメモリーを使用した同期結合装置一種例えカメラの画とVTRの画の同期信号時間軸それぞれ異なっている場合、これらを切り換えるテレビ画面が垂直方向に流れる。これを流れないように同期信号位相合わせる時などに使う。

Fs [Sampling Frequency]

サンプリング標本化周波数のことで、fsと書くこともある。アナログ・オ-ディオ信号を、デジタル・オ-ディオ信号変換する場合、またはその逆の場合時間軸区切り周波数表現したもの記録再生周波数帯域の上周波数2倍以上の周波数選択される。32、44.056、44.1、48.96、96kHz等の種類がある。

【FS】(えふえす)

  1. 航空自衛隊支援戦闘機を指す。

  2. 飛行機ゲームとしてのフライトシミュレーターの略称。

【ファイタースウィープ】(ふぁいたーすうぃーぷ)

Fighter Sweep(FS).

敵味方戦闘機編隊繰り出し交戦し、互い撃墜させあう任務
攻勢対航空作戦一種であり、敵軍戦闘空中哨戒不可能にして航空優勢獲得するために実施される。
第二次世界大戦頃までの、航空戦術未発達であった時代には盛んに行われた。

戦闘機やそのパイロット主な題材としたフィクション作品では、いわゆる空戦」として華々しく描写される事が多い。
当のパイロット達にとっても名誉ある任務とみなされ、高い士気をもって行われた。
事実往事戦闘機パイロットは他の兵科比べ異常なまでに戦争神経症罹患率が低かった)
とはいえ戦術優位のない状態での正面決戦であるため、ほぼ常に甚大な損耗を伴う任務でもあった。

陸戦敗北した場合戦闘員30%以上が死亡するのはかなりの常事態である。
大抵の部隊指揮官勝機を失った時点撤退に移るか、降伏申し入れ少なからぬ人員生還する。
しかし、ファイタースウィープで敗北した場合パイロットの未帰還率が30%以下である事はまずない。
敵機機動力相手取って撤退極めて困難であったし、空中での降伏不可能だった。

航空機への対抗手段航空機のみであった時代空戦による多大損耗不可避であった。
しかし地対空ミサイル発展に伴い戦闘機は対航空作戦主力から転落ていった
現代攻勢対航空作戦飛行場及び航空母艦破壊によって成され、その攻撃攻撃機大型ミサイル行われる
戦闘機未だ作戦不可欠だが、その役割攻撃ではなく防御迎撃へと移っている。

関連戦闘空中哨戒攻勢対航空作戦


【支援戦闘機】(しえんせんとうき)

Fighter Supporter (FS)
航空自衛隊においてかつて用いられていた攻撃機の名称。
該当機種はF-86F、F-1F-4EJ改F-2

この名称の初出は、1976年の第1次防衛大綱であった。
専守防衛旨とする自衛隊において、「攻撃」という名は相応しく無いという意図から「地上部隊陸上自衛隊)や艦隊海上自衛隊)を空中支援する機体」という名目で名づけられた。
ただし、この区分にされていた機体上述)は、任務空中支援以外にも要撃対領空侵犯措置など)が含まれていたため「純粋な攻撃機は支援戦闘機とはなりえない」と解釈されており、性格的には戦闘攻撃機に近いものであった。

空自モデルとなったアメリカ空軍では、地上固定目標対す攻撃も「空中戦任務」と定義づけているため、実質攻撃機であるF-16F-117F-111F-15Eについても「戦闘機」としてFナンバー与えられている。

その後防衛省は「要撃」と「空中支援」の区別廃止し、全機種をマルチロールファイターにする方針発表し、2004年改定された防衛大綱で正式に「要撃戦闘機」、「支援戦闘機」の区分廃止された。

これにより、「支援戦闘機」として運用されていたF-4EJ改及びF-2は、現在「戦闘機」の区分に入っている。

関連要撃戦闘機 特車 護衛艦


FS:米国連邦規格 Federal Specifications and Standards

  米国連邦機関において使用する全ての材料製品規定したもの石油製品分類項目「VV」に収録されている。内容大きく3つに分類できる。使用にあたり必要な事項を,最も経済的効果的満たすために,補給品目品質形式寸法等を限定するもの。材料あるいは製品試験方法規定するもの。意匠構造使用法,保全に関する規定
米国連邦規格
分野 石油関連規格
同義語 米国連邦仕様書
関連用語 MIL, ASTM, API, SAE, AGMA
類似語  
略語 F.S, Fed
米国連邦規格

FS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/06/12 13:38 UTC 版)


F.S

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/13 02:20 UTC 版)

F.Sは、日本キャラクターデザイナー漫画家ゲーム作品のキャラクターデザインやカードイラスト等で活動している。

参加作品

キャラクターデザイン

イラスト

単行本

外部リンク






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

FSに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「FS」の関連用語

FSのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

画像から探す

空中発射デコイ

AGM-114

M134

コブラ

F-22

ポストストール機動

エシュロン

VADS





FSのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2017 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
※この記事は「財務省」ホームページ内の「国際関係略語集」の2008年10月現在の情報を転載しております。
特許庁特許庁
Copyright © Japan Patent office and INPIT. All Rights Reserved.
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2017 Japan Video Software Association
音楽電子事業協会音楽電子事業協会
Copyright 2017 AMEI.OR.JP
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
石油技術協会石油技術協会
Copyright © 2017, 石油技術協会 作井技術委員会 作井マニュアル分科会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのFS (改訂履歴)、F.S (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS