アメリカンフットボールとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > スポーツ > 競技 > ボール > アメリカンフットボールの意味・解説 

アメリカンフットボール [9] 【American football】

サッカーラグビーを基に1870年アメリカで始まったフットボール。一チーム一一人で,楕円形のボール使用し,相手ゴールボール持ち込んで得点する。前方へのパスボールを持たない者への妨害が許され,防具着用して体をぶつけ合う攻撃防御分かれ原則として攻撃側がボール専有する。アメフトアメラグ米式蹴球鎧球(がいきゆう)

アメリカンフットボール

歴史と沿革


イギリスで、イングランドサッカー協会1863年)やラグビー・フットボール・ユニオン1871年)が設立された頃、アメリカ大学でも独自のルールフットボール盛んに行われていました。1869年11月3日プリンストン大学ラトガーズ大学が行った試合契機大学間で対抗戦盛んに行われるようになり、ルール統一する動き生まれました。1882年エール大学主将であったウォルター・キャンプが、選手数を11名とすること、スクリメージライン(*1)の規定フィールド長さ110ヤードとすること、さらにはアメリカンフットボール最大特徴である「ダウン」のルール導入提案しました。これは、3回の攻撃ダウン)で5ヤード前進しないと攻撃を失う(後に、「4回の攻撃10ヤード」に変更)というものです。このルール改革でアメリカンフットボールの原型できあがりウォールター・キャンプは「アメリカンフットボールの父」と呼ばれています。

日本におけるアメリカンフットボールの起源1934年さかのぼります。10月28日立教大学明治大学早稲田大学チーム結成され、立教大学教授ポール・ラッシュ氏を中心に東京学生連盟設立され、11月29日日本初めてのアメリカンフットボールの試合20,000人の観客集め行われました。前述の3大学から選抜された日本チーム横浜カントリーアンドアスレッチククラブと対戦し、26対0で日本チーム勝利をおさめました。12月には、日本最初大学リーグ戦東京学生リーグ)が開催され、関西では1935年関西大学チーム誕生しました。

第二次世界大戦後大学中心にチームが増え、現在では学生社会人合わせて400チーム活動しているほか、プライベートチーム(同好会チームなど)を含めるとフットボール人口30,000人を超えると言われています。


競技方法

ここでは、アメリカフットボールの競技方法基本ご紹介します。アメリカンフットボールは、ラグビー野球合わせたようなスポーツといえます。

楕円形のボール使い、2チーム陣取り合戦しながら試合を進める形式ラグビーに似ていますが、ラグビーでは反則となる、ボール前方投げる「フォワードパス」がアメリカンフットボールでは認められています。


また、攻守交替方法野球に似ています。つまり、野球場合攻撃側に3回の攻撃バッティング)が与えられ、3アウト相手チーム攻撃移動しますが、アメリカンフットボールも攻撃側に4回の攻撃ダウン)が保証され、4回の攻撃中にボール10ヤード進めることができない相手側に攻撃移動します。

逆にもし、4回の攻撃中に10ヤード上前進することができれば新たに4回の攻撃与えられます。これを「ダウン更新」といいます。このようにして徐々にボールを進め、相手チームエンドゾーンボール持ち込むと「タッチダウン」となり、得点(6点)が与えられます。

一方守備側はタックルインターセプト攻撃側が投げボール空中キャッチする)などによって、攻撃側がボール前に進めることを阻止します。


ルール


試合時間は4つのクォーター分かれており、1クォーター15分で合計60分です。ただし、フォワードパス不成功アウト・オブ・バウンズ(*2)、反則発生などで時計止まるため、実際試合時間は2時間半から3時間程度になります。競技大会によっては1クォーター12分で試合をすることもあります

激しくぶつかっても怪我をしないようヘルメットなどの防具をつけているので、「誰でもタックルしていい」と誤解されがちですが、タックルしていいのはボール持っている選手に対してだけで、相手にぶつかる「ブロック」では相手をつかんだりしてはいけません選手の安全を確保するために多くルール設定されており、ルール毎年変更されます。また、フィールド上では7人の審判22人の選手行動注意深く見守っているのも大きな特徴一つです。

ルール詳細についてはルールブックご参照ください


道具・コートなど

フィールドサイズ縦方向が120ヤード(約110m)、横方向が160フィート(約49m)の細長い長方形エンドゾーンボールを持って入ればタッチダウンとなります。

激し衝突から身を守るため、ヘルメットショルダーパッド、腰・腿・膝を守るパッド類を身につけて試合をします。



アメリカンフットボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/22 14:59 UTC 版)

アメリカンフットボール英語: American football)とは、フットボールの一種であり、楕円形のボールを用いて、2つのチームで得点を競い合うスポーツ球技)である。




注釈

  1. ^ ただしカナダでの場合はカナディアンフットボールを含む。
  2. ^ gridiron」とは焼き網という意。フィールドのラインがそのように見えることから。
  3. ^ NFL以外ではアカデミー賞授賞式中継番組が唯一トップ10にランクイン。
  4. ^ ラグビーに限りなく近かったが、これが事実上、初めてのアメリカン・フットボールの試合だったと言えるのかもしれない。
  5. ^ このルール委員会が後のNCAA(全米大学体育協会)に発展し、大学スポーツの管理が始まった[16]
  6. ^ プロテクター類。初期のものは薄手で軽いものだったが、時代とともに頑丈になって行った。
  7. ^ この歴史的ゲームは陸軍士官学校を舞台とした映画「長い灰色の線」の中で、当時最強チームの陸軍士官学校が無名のノートルダム大学に、まさに見たこともない新戦術によって大敗して呆然とするというエピソードで取り上げられている。
  8. ^ シカゴの地元新聞に顔写真付きの記事がある。
  9. ^ チャレンジのインスタント・リプレイ中に副次的に反則の有無に関する証拠が発見された場合は、反則の有無の判定が覆る。たとえば、ライン際のパスの成否に対してチャレンジを行い、ボールをキャッチした選手がボールに触る前にアウト・オブ・バウンズに出ていたことが発見された場合、イリーガル・タッチが適用され5ヤードの罰退でプレイが再開される。逆に言えば、審判が反則を見逃してもそれ自体に対してチャレンジはできないが、関連するプレイに対するチャレンジ(先ほどの例で言えば「パスの成否に対するチャレンジ」)という形でなら、間接的に反則の有無に対してチャレンジすることができる。

出典

  1. ^ Concussion Watch|FRONTLINE
  2. ^ Coll, Steve, "Is Chaos a Friend of the N.F.L.?", The New Yorker, December 26, 2012. Citing the Times.
  3. ^ a b c ハリス・インタラクティブによるアメリカでの人気スポーツの世論調査(2016年1月公表)
  4. ^ America’s National Sport: Baseball or Football? Move Over, Baseball: Bloomberg Politics Poll Shows 67% of Americans Now Say Football Is National PastimeBloomberg 2015年11月21日閲覧。
  5. ^ America’s National Sport: Baseball or Football?PRRI 2015年11月21日閲覧。
  6. ^ 2013年ギャラップ社の世論調査 最も視聴したいスポーツ 1位アメリカンフットボール(39%)、2位野球(14%)、3位バスケットボール(12%)、4位サッカー(4%)
  7. ^ NFL revenue: Here comes another record seasonCNN 2015年11月21日閲覧。
  8. ^ Top 10 TV Programs of 2013 nielsen.com 2014年1月13日閲覧。
  9. ^ a b The 50 Most-Watched Sporting Events of 2013sportsmediawatch.com 2014年1月13日閲覧。
  10. ^ College football wins more fans and ad dollars
  11. ^ カレッジフットボールの観客動員数のデータ
  12. ^ Chris Jenkins,"SHOULD PARENTS LET THEIR KIDS PLAY FOOTBALL?",NBC Sports,May 26,2012 Citing Associated Press
  13. ^ NSGA 2011 Sports Participation
  14. ^ Participation in High School Athletic Programs by Sex
  15. ^ Participation in NCAA Sports by Sex: 2007 to 2008
  16. ^ a b c d e タック牧田「フットボールのルーツ」、『FOOTBAALL LOVE CALL』、南雲堂、1992年8月、 70-71頁。
  17. ^ a b c d e f g h i 久保田薫「1. アメリカのNo.1スポーツはサッカーだった?」、『改定新版 パーフェクトアメリカン・フットボール』、南雲堂、1989年1月、 293-294頁。
  18. ^ a b 種子田穣 『史上最も成功したスポーツビジネス』 毎日新聞社2002年、51-58頁。ISBN 4-620-31578-8
  19. ^ a b c d 久保田薫「Chapter 9 プロスポーツの王者、NFLの世界」、『改定新版 パーフェクトアメリカン・フットボール』、南雲堂、1989年1月、 225-233頁。
  20. ^ 「限りなき前進 日本アメリカンフットボール五十年史」(1984年9月)日本アメリカンフットボール協会、32、33、74、75、90頁
    「1934フットボール元年 父ポール・ラッシュの真実」井尻俊之、白石孝次共著、ベースボール・マガジン社、1994年、21、41-43、50-58、97、98、107頁
    山梨県清里高原 キープ協会|日本アメリカンフットボールの殿堂 | 日本アメリカンフットボールの熱き継承
    関東学生アメリカンフットボール連盟:75周年記念特集
    川口仁「日本アメリカンフットボール史-フットボールとその時代
    スポーツ発展のカギとなった人物 - 牛木素吉郎のビバ!スポーツ時評
    歴史が眠る多磨霊園 小川徳治
  21. ^ NCAA football 2011 and 2012 rules, FR-118, Field Diagrams。NFLでは数字の下端がサイドラインから12ヤード(2012 Official Playing Rules, iv, Plan of the Playing Field)。
  22. ^ NCAA rule 2 section 7, NFL rule 3 Section 7
  23. ^ 助走距離を短くして相手選手にぶつかるスピードを下げて、怪我する危険性を下げる狙い
  24. ^ ブロンコスのKプレーター、64ヤードFG成功でリーグ最長記録
  25. ^ 2009 Official NCAA Division I Records Book, 23頁 Longest Field Goal Made
  26. ^ 2009 Official NCAA Division I Records Book, 24頁 Longest Field Goal Made without use of a kicking tee
  27. ^ NFL、スタジアムの観客に審判と同じリプレイ映像提供”. NFL JAPAN (2012年7月6日). 2012年7月14日閲覧。







アメリカンフットボールと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

アメリカンフットボールに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アメリカンフットボール」の関連用語

アメリカンフットボールのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

パークゴルフ

ホステリング

タスポニー

ジョイアスロン

アイスホッケー

ソフトボール

パラグライディング

ゴールボール





アメリカンフットボールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2016 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアメリカンフットボール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS