ドッジボールとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > スポーツ > 競技 > ボール > ドッジボールの意味・解説 

ドッジ ボール [4] 【dodge ball】


ドッチ ボール [4] 【dodge ball】

ドッジ-ボール

ドッジボール

作者村上健司

収載図書幽霊学級―しんみみぶくろ 5
出版社メディアファクトリー
刊行年月2008.7
シリーズ名幽ブックス


ドッジボール

特徴

ボールひとつあれば、いつでも、どこでもだれとでもできる。これがドッジボールの魅力であり最大特長です。このスポーツ現代の子どもたちの間で人気急上昇中なのは、5分間という短い時間の中で「真剣勝負」を体験できるからではないでしょうか基本となる動き個々運動能力が高まること以上に、みんな一緒になってそれぞれの力を精一杯出して戦うこと。その結果勝利喜びをともに分かちあえることが子どもたちにとって新鮮であり人気理由だと思うのです。

ドッジボールのルールは、子どもたち積極性引き出すことを考慮して作られています。運動があまり得意でない子でも、ヒーローになる事がこのスポーツでは多々あります大会では観客席父母方々熱く応援する姿をよく目にします。ドッジボールは勝利至上主義競技ではなくみんなで楽しむことを前提としたスポーツマインドを持つスポーツといえます。


ルーツ

ドッジボールの発祥イギリスと言われていますが、その原形19001940年頃のアメリカあります当時は『デッドボール』と呼ばれ、円形コート攻撃組と防御組とに分かれて、攻撃組が防御組にボール当て、「デッド」とするゲームだったようです当時防御組にキャッチ認められず、飛んでくるボールから身をかわすだけでした。

日本には明治42年に、可児徳氏坪井玄道氏により『円形デッドボール』という名前で紹介されました。大正6年東京女子高等師範学校永井道明教授により、初め四角コート紹介されました。この段階でも内野のボールキャッチは認められていませんでした大正15年欧米留学から帰国した東京師範学校大谷武一教授によりドッジボール(ドッジDODGEとは身をかわす意味)と改名されました。また、遊戯方法もより積極的にするため内野ボールキャッチすることを認めキャッチした者は除外されないルール採用されました。以後さまざまな形式のドッジボールが考案され、全国各地ローカルルール生まれ、子どもから大人まで幅広く親しまれるようになりました。現在、日本国内のドッジボール愛好者数はおよそ6万人日本ドッジボール協会登録チーム数より推定)で、中国韓国台湾との海外交流さかんに行なわれています。


コート

ドッジボールのゲームは、1ゲーム3セットマッチ1セット5分間)で行ないます。勝敗内野選手全員アウトになるか、時間終了後、内野残った人数決まります。


ルール(抜粋)

1. 1チーム12名以上20以内です
2. 試合12名対12名で行ないます
3. 外野(もとがいや)は1名以上11名以下でチームで自由に選べます
4. 外野相手内野選手アウトにしなければ自分内野に戻れません。
ただし、作戦上戻らないでプレー続けることもできます
5. 試合ジャンプボール始まります。ジャンパーへの内野からの第1投の攻撃禁止です
6. 相手ノーバウンドボールを捕れなかったり、当てられた場合アウトになります
7. 顔や頭にボールが当たった場合セーフです
8. 試合中、コート内外野)の外にボールが出たとき、ボールデットとなります
9. ボールデットになったとき、そのボール
最後にさわったのが内野選手場合相手内野ボールになります
最後にさわったのが外野選手場合自分外野ボールになります(ワンタッチ
10. ワンタッチなどで外野の外でボール取りプレー再開するときは、一度外野中に入りボールを頭の上にあげ、主審の笛でプレー再開します
11. パス連続4回まで。5回目には攻撃なければなりません
12. ボ-ル取ってから、5秒以内パスアタックをしなければなりません

備考

日本ドッジボール協会設立理念
 ドッジボールは、古くから親しまれてきた遊びです。そのドッジボールを魅力あふれるスポーツとして、全国の子どもたちが統一ルール交流できるようにしたいという関係者の熱い思いがあって1991年日本ドッジボール協会設立されました。

設立理念には
  1. 国民体力向上及び健全な身体精神育成
  2. 全国統一ルール設定による地域交流
  3. 正式なスポーツとして振興し、大会充実によるドッジボールの普及
  4. ドッジボールを通じて幅広い国際交流
などを掲げ、この理念のもと日本レクリエーション協会加盟競技として、またレクリエーションとしてのドッジボール大会実施しています。

 統一ルールは「自主性自分考え積極的に行動する」「自己責任自分行為最後まで責任をもつ」「向上心=常に前向き姿勢」をにしています。次世代を担う子どもたちは、このことを意識してドッジボールに関わってほしいと願っています。

日本ドッジボール協会活動内容
 設立以来子どもたち身体精神調和とその発達願いルール統一による普及活動各種大会充実、さらにスポーツとしてのドッジボールの振興目指しています。各都道府県下部組織設け、ドッジボールの楽しさ理解ていただく努力をしています。現在、夏、春に全国大会(小学校3~6年生を対象)を開催する一方で企業内の大会地域大会にも積極的に協力し、統一ルール普及を図り、多くの人が気軽に参加できる生涯スポーツ一翼としての普及育成努めています。



ドッジボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/25 09:29 UTC 版)

ドッジボールまたはドッヂボール (dodgeball) は、子供の顔くらいの大きさのボール(多くはバレーボールなど)を使い、敵にボールをぶつけるスポーツまたはゲーム。多くは2つのチームに分かれて大人数で行う。漢字では避球又は飛球と表記するが、この表記はそれほど一般的には使われていない。主に小学校などで多く行われている。日本ドッジボール協会(JDBA)が設立されるまでは、スポーツというよりも、遊びの一つとして存在していた。そのため、様々なルールが各地の子供たち独特の感覚で決められ、近所の小学校であっても微妙な違いがあるなどした。




  1. ^ 学校でドッジボールは禁止すべき?コラムニストの提言に賛否”. アメーバニュース (2015年6月4日). 2015年7月10日閲覧。



ドッジボール

出典:『Wiktionary』 (2010/11/07 05:11 UTC 版)

名詞

ドッジボール表記のゆれ:ドッヂボール

  1. 球技のひとつ。一般的には、2チーム分かれ、敵にボール当て、そのボール地面につくと自陣から出、片方の陣から全員が出るか、一定の時間自陣残った人数勝敗決めるもの。

語源

翻訳






ドッジボールと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ドッジボールに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ドッジボール」の関連用語

ドッジボールのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ジェットスポーツ

ダブルダッチ

テニス

コーフボール

クロッケー

フラッグフットボール

クロリティー

馬術





ドッジボールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2016 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのドッジボール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのドッジボール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS