Apertureとは?

アパーチュア [2] 【aperture】

レンズなどの口径鏡径
撮影機映写機で,撮影あるいは投影される映像範囲限定するための窓枠ピクチャー-アパーチュア

Aperture

読み方アパチャー

ApertureApertureとは、Apple販売している写真管理ソフトウェアの名称である。

「Aperture」は英語として、元々「開口部」や「レンズ口径」といった意味を持っている

Apertureでは、RAWデータを含む複数ファイル形式写真画像取り込み一元的管理できる。複数表示モードによる画像確認管理をはじめ、ホワイトバランス輝度彩度などの調整多種多様エフェクトを用いたフォトレタッチなどを行うことができる。

2010年月に発表された「Aperture 3」では、人物写真の顔を認識判別して自動的整理する「人々機能や、GPS連携した位置情報取得が可能なカメラ撮影された画像ロケーション別に整理する「撮影地」機能などが、新たに追加されている。また、ブラシ機能使用して覆い焼き焼き込みポラロイド風などの風合い加えることが可能となっている。

その他、Aperture 3からFacebookFlickrなどの写真共有サービス投稿したり、iLifeiWork作成した文書挿入したり、あるいは、写真テキスト音声動画などを組み合わせスライドショー作成したり、そのスライドショーiTunes経由してiPhoneiPodApple TV保存したり、といったことができる。Apertureで編集した写真集を、フォトブックとして冊子化する有償サービスAppleから提供されている。



※画像 / アップルジャパン株式会社
参照リンク
Aperture - (アップル
アプリケーションソフトのほかの用語一覧
グラフィックソフト:  Adobe Photoshop  ATSUI  AmazeART  Aperture  GIMP  Illustrator  iPhoto

絞り aperture

レンズ収差小さくする目的で、近軸電子線のみが通過できるように、金属の薄板円形開口部設けたもの。収差小さくするために孔径を小さくするとプローブ電流減少する。真空外から動かすことができる可動絞りと、動かすことのできない固定絞りがある。

関連する用語

Aperture

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/06 13:53 UTC 版)

Aperture
開発元 アップル
最新版 3.0.2[1] / 2010年2月9日[2]
対応OS Mac OS X v10.5.8Mac OS X v10.6.2以降
種別 画像処理
ライセンス プロプライエタリ
公式サイト www.apple.com/jp/aperture/
テンプレートを表示

Aperture(アパーチャー、アパチャー)は、アップルが開発・販売していたOS X専用のデジタル写真RAW画像)の管理・編集を行うソフトウェアである。2005年10月19日にニューヨークメディアイベントでアップルにより発表された。

同社のデジタル写真管理ソフトウェアであるiPhotoが主に入門者やコンシューマ向けであるのに対し、Apertureはその上級に位置し、より上級者・プロ向けのデジタル写真処理・管理ソフトウェアといえる。

2014年6月末にアップルがApertureの開発中止を発表したと報道された。[3][4]

バージョン履歴

1.0〜1.1
2005年11月30日にAperture 1.0が52,000円で発売されたが、2006年4月13日にアップデートされた1.1で34,000円に改定、Universal Binaryとなった。利用には、Mac OS X v.10.4.6以降、1GB以上のRAM、高速なCPUと高機能なGPUが必要である。推奨環境は、2GHz以上のPowerPC G5もしくはIntel Core Duo、2GB以上のRAM、ATI Radeon X1600, X800, 9800 X, 9800 Pro、NVIDIA GeForce 6800 Ultra DDL, 6800 GT DDL, 7800 GT, Quadro FX 4500、いずれかのGPUとなっている。
1.5
2006年9月25日に価格を据え置き1.5にアップデートされた。このバージョンから英語に加えて日本語・フランス語・ドイツ語のインターフェースが用意された。また小数点以下のアップデートながら、Apertureの大きな特徴であるルーペ機能の強化や、取り込んだ画像とプレビュー用のキャッシュ画像を別々に保存することにより、HDD容量に制限のあるノート機種での使用を容易にすること、iLife,iWork,iPodとの連携の強化など数々の改良が行われた。
1.1までは要求スペックの高さから、Mac miniなどにはインストールもできなかったが、バージョン1.5より、1.1の動作条件に加えて、すべてのIntelプロセッサ搭載Mac がサポートされるようになり、Mac miniやMacBookでの利用が可能となった。
1.5.1
2006年11月2日
1.5.2
2006年12月11日
1.5.3
2007年4月19日
1.5.6 - Mac OS X v10.5 Leopard対応
2007年10月26日
2.0
2008年2月12日に多機能化と高速化を計ったAperture 2が発表され、価格改定で23,800円となった。
2.0.1
2008年3月3日
2.1
2008年3月28日 パフォーマンスと安定性、他、多くの修正。
3.0
2010年2月9日 に200以上の新機能が追加されたAperture 3が発表された。価格は19,800円。

関連項目

脚注

  1. ^ Aperture アップデート 3.0.2
  2. ^ Apple、Aperture 3を発表
  3. ^ Apple stops development of Aperture
  4. ^ ApertureからLightroomへの移行について

外部リンク


アパーチャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/10/05 12:09 UTC 版)

(Aperture から転送)

アパーチャー: aperture)とは、カメラにおけるレンズ口径のことである。アパーチュアともいう。

目次

概要

絞りによって形作られる開口部の大きさで、そのサイズはF値[1]で表される。

また、カメラ、映写機などで、フィルムに光線が当たり、画面枠が決まる窓の部分もアパーチャー(アパーチュア)とも呼ぶ(なおフィルムを貼付けた窓付きカードをアパーチャーカードという)。

この他、プリント基板の作成に使われる原版の構成要素もアパーチャーといわれる。

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ レンズの焦点距離÷レンズの口径、F値が大きいほど開口部は小さくカメラに入る光は少なくなる。

参考文献

この節は執筆の途中です この節は執筆中です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています

関連項目

外部リンク

この節は執筆の途中です この節は執筆中です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

Apertureに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「Aperture」の関連用語

Apertureのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ThinkStation

iMac Retina 5Kディスプレイモデル

スマカメ

Inspiron Mini

Windows 98 SE

Ascend HW-01E

hTc Z

Mac OS X Mountain Lion





Apertureのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリApertureの記事を利用しております。
JEOLJEOL
Copyright © 1996-2016 JEOL Ltd., All Rights Reserved.
日本電子株式会社日本電子株式会社
Copyright(C)1996-2016 JEOL Ltd., All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのAperture (改訂履歴)、アパーチャー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS