開口部とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > 開口部の意味・解説 

かい こうぶ [3] 【開口部】

建築物で,窓・出入り口換気口など外部へ向かって開いている部分
「開口部」に似た言葉
口径  空隙  開口  販路  


開口部

英語 opening parts

ふた物(ボンネットフード、ドアトランクリッド、フィラーリッド)やガラスなどを除いた状態をいう。ドアやフロントウインドウを除いた状態をドア開口部、フロントウインドウ開口部という。大きいほど乗降性使い勝手よかったり、視野が広かったりいい面も多くあるが、モノコックボディシェル外殻強度剛性確保しているため、開口部が大きいとそれに見合った剛性確保肝要である。パネルの板を厚くしたり、メンバー断面大きくしたりして対応されている。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

かいこうぶ 開口部 opening

窓、出入口換気孔などすべて壁、床、天井屋根などに設けられた穴の総称。 「開口」ともいう。

開口部

読み方かいこうぶ
【英】 opening

構造物における屋根、壁、床、天井一部開放された部分
下記の様な、出入口、戸、窓等の人物出入口換気採光通風、等の目的設け部分

出入口人・物

・窓,換気口風道貫通,排煙口→自然光,景色眺め影絵),空気換気),排煙

・管貫通電気等(給水配電

開口部
写真基礎の開口部(換気口

開口部
写真基礎の開口部(換気口


開口部

住宅の壁や屋根などに設けられた窓(リビング窓、掃き出し窓天窓など)や出入り口玄関勝手口室内ドアなど)のこと。採光換気通風通行眺望などの役目を果たす。

開口部(かいこうぶ)

一般に建具を入れた部分ログハウスでいえば、ログウォールに穴をあけた部分総称そのため室内間仕切り壁となるログウォールにあけるアーチカットも開口部のひとつ。また、丸太組構法技術基準」上、耐力壁の幅がその高さ×1/3以上と規制されているので、開口部の幅も制限を受けることになる。

開口部 (かいこうぶ)


開口部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/11/12 07:56 UTC 版)

開口部(かいこうぶ)




「開口部」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

開口部に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「開口部」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||




10
開口 国語辞典
100% |||||

開口部のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

エアフローメーター

ハンドオーガー

センターデフ

プラント

オールモード4×4

溶岩

テンションガイド

変位計





開口部のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2016 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
兼松日産農林株式会社兼松日産農林株式会社
Copyright ©2016 Kanematsu-NKK Corporation All rights reserved.
SUUMO(スーモ)SUUMO(スーモ)
COPYRIGHT 2016 RECRUIT CO.,LTD
リクルート SUUMO(スーモ)住宅用語大辞典
地球丸地球丸
Copyright© The Whole Earth Publications Co.,Ltd. All Rights Reserved.
地球丸ログハウス用語集
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2016,Hofu Virtual Site Museum,Japan
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの開口部 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS