地球観測衛星とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 宇宙産業 > 人工衛星 > 地球観測衛星の意味・解説 

ち きゅうかんそく えいせい -きうくわんそくゑいせい [8] 【地球観測衛星】


地球観測衛星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/28 11:53 UTC 版)

地球観測衛星(ちきゅうかんそくえいせい、: earth observation satellite)とは電波赤外線可視光を用いて地球を観測する人工衛星リモートセンシング衛星(リモートセンシングえいせい)ともいう。 商業目的のリモートセンシング衛星は、アメリカでは販売できる画像の解像度が50cmまでに制限されていたが、2014年6月に25cmまで制限が緩和された[1]






「地球観測衛星」の続きの解説一覧





地球観測衛星と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

地球観測衛星に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「地球観測衛星」の関連用語

地球観測衛星のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

井波の木彫りの音

6000系

ヘイトマン石

緊急時環境放射線モニタリング

疑似接着

クロヒョウ

前夜祭

ヴィンテージビーズ





地球観測衛星のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの地球観測衛星 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS