山口素堂とは?

やまぐちそどう -そだう 【山口素堂】 ○

(1642~1716) 江戸前中期俳人甲斐生まれ。名は信章,別号は来など。江戸に出て経学和歌書道茶道能楽などを学び仕官ののち致仕隠栖いんせいした。松尾芭蕉親しく蕉風成立期の芭蕉大きな影響与えた。葛飾派の祖。

山口素堂

読み方やまぐち そどう

江戸中・後期俳人甲斐生。名は信章、幼名重五郎、字は子晋・公商・子達。通称は勘兵衛市右衛門別号を来・素仙堂・蓮池翁、茶道の号に今日庵其日庵。生家酒造業を営む。和歌・書・漢学能楽などに通じ生涯江戸でおくる。北村季吟松尾芭蕉親交深め、のちに上野不忍池畔で隠棲生活に入る。また甲府濁川治水工事従事成功享保元年(1716)歿、75才。

山口素堂

やまぐちそどう

寛永19年(1642)5月5日享保元年(1716)8月15日享年75歳)

山口素堂

(『芭蕉歌仙図』より)

甲州白州巨摩郡教来石山口(現山梨県北杜市白州町。現在では、近くサントリー白州ディストラリーがある)の人と言われている。 父山口市右衛門長男として誕生し、甲府魚町家業酒造業を営んでいたが、向学心燃え家督を弟にゆずり江戸に出て、漢学林春斎に学ぶ。芭蕉とは2歳ほど年上だが、相互に信頼しあって兄弟のような交わりをした。儒学書道漢詩能楽和歌にも通じ当時稀有教養人であった。(以上『甲斐国史』による)名は信章<しんしょう>、字は子晋<ししん>、通称は勘兵衛俳号素仙堂・其日庵・来雪・松子・蓮池翁など多数。子晋・公商は字。趣味多彩で、を好んだことから「蓮池翁」などと呼ばれた。 延宝4年には『江戸両吟集』を、延宝6年には『江戸三吟』を芭蕉との合作発表75歳で死去。 「四山の瓢参照

素堂の代表作


山口素堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/07/05 05:45 UTC 版)

山口 素堂(やまぐち そどう、寛永19年5月5日1642年6月1日) - 享保元年8月15日1716年9月30日))は、江戸時代前期の俳人である。本名は信章。幼名は重五郎、通称は勘(官)兵衛、あるいは市右衛門。字は子普、公商。




「山口素堂」の続きの解説一覧





山口素堂と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「山口素堂」の関連用語

山口素堂のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

向井去来

智月

杉山杉風

宮崎荊口

坪井杜国

内藤丈草

谷 木因

向井去来





山口素堂のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2016 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
芭蕉DB芭蕉DB
Copyright (C) 2016 芭蕉DB All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの山口素堂 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS