伊勢志摩国立公園とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 施設 > 公園 > 日本の国立公園 > 伊勢志摩国立公園の意味・解説 

いせしま こくりつこうえん -こうゑん 【伊勢志摩国立公園】 ◇

伊勢神宮志摩半島リアス式海岸中心とする公園二見ヶ浦・英虞(あご)湾・鳥羽(とば)港などがある。

伊勢志摩国立公園

写真:英虞湾
英虞湾

地図

衛星画像で見るリアス式海岸美しい。小さな半島湾入繰り返され、半島にはさらに小さな出入りが、シダ雪の結晶切片のように精緻に複雑に、海との境界を区切っている。

数多い日本リアス式海岸の中で、伊勢志摩海岸は、とりわけ繊細美しさを持つものの一つであり、構成要素スケール大きく豪壮な陸中海岸と好対照をなしている。ともにかけがえのない日本の自然である。

志摩半島

写真:夫婦岩
夫婦岩

紀伊半島東岸付け根にある志摩半島と、伊勢神宮を含む公園で、戦後間もない昭和21年指定された。

志摩半島紀伊山地が海に沈むところである。海岸線出入りの複雑なリアス式海岸で、北から鳥羽湾的矢(まとや)湾、英虞(あご)湾、五ヶ所湾などの湾入部が並ぶ。

公園区域の北部には二見浦ふたみがうら)がある。長さ約6kmの砂浜で五十鈴(いすず)川の河口近く伊勢神宮参拝の禊(みそ)ぎ場であり、また、歌枕として名高い東端立石近くの沖に、大しめ縄で結ばれた夫婦岩がある。海中にある興玉神神石鳥居である。夏至中心とした春から夏にかけて、岩の間から朝日昇るのが見られる

鳥羽湾は、実際は、答志(とうし)島と菅島など平行する2列の島に挟まれた水道で、奥が閉じた湾ではない。この島列の先には、渥美半島伊良湖(いらこ)岬(三河湾国定公園)がある。

英虞湾は、先志摩半島によって外洋隔てられ、西向きに開いた深く複雑な入江で、この公園随一景勝地である。小さな半島は木ののように出入りがあり、波静か湾内には天童島など60余の島嶼とうしょ)があって、繊細優美多島海景観を展開する。海面に浮く真珠貝養殖の筏(いかだ)は、この地の風景には欠かせないものだ。人文景観としては、潜水してアワビなどを獲る海女(あま)の活動も、この公園添景である。

英虞湾展望地としては、湾奥の登茂(とも)山、北西横山などがすぐれている。賢(かしこ)島は湾奥の島で、2つの近鉄志摩線本土連絡しており、英虞湾利用中心地である。

五ヶ所湾は、カエデのように入り組んだ形から江(ふうこう)湾ともいわれる湾口西側南海展望公園から一望できる。これより西は山地海岸迫り海岸線これまで比べ幾分単調になる。

公園内の交通は、鳥羽市今浦と志摩を結ぶパールロードや、山道伊勢志摩スカイラインなどがある。鳥羽には、伊良湖岬からフェリー通っている。スカイラインが通る朝熊(あさま)山には、空海天長2年(825)に開基したと伝えられる金剛證寺こんごうしょうじ)があり、山上園地からの展望がよい。

伊勢神宮

写真:伊勢神宮
伊勢神宮

伊勢神宮は、天照大神あまてらすおおみかみ)を祀る皇大神宮内宮ないくう))と、豊受大神とようけのおおかみ)を祀る豊受大神宮外宮(げくう))、それに多数別宮などからなり内宮外宮伊勢市内に約5km離れ鎮座する。天照大神皇祖神であり、国内総鎮守とされる神、また、豊受大神食物つかさどる神である。

内宮外宮ともに正殿は、古来形式伝えられる唯一神明(ゆいつしんめい造りで、2本の棟持茅葺き屋根支え白木造り簡明構造である。7世紀持統天皇の代に始まった式年遷宮しきねんせんぐう)によって、20年ごとに古式則って建て替えられる。前回は、平成5年に第61回の遷宮が行われた。一連の祭事8年間かかり、次回平成25年の第62遷宮向けて行事は、17年5月山口祭皮切りにすでに始まっている。正殿は4重の垣によって囲まれており、一般参拝者が入れるのは板垣の内、外玉垣の御門までである。

神宮林

写真:神宮林
神宮

伊勢神宮内宮後背広がる面積約5,500haの宮域は、「神宮」と呼ばれる神路山島路山前山一帯五十鈴川水源である。かつては遷宮の際の用材生産されていたが、現在用材は主に県外から調達している。

将来備え区域一部ヒノキ人工林であるが、森林一部伐採せず、シイタブノキヤブツバキなど照葉樹自然林として維持されているため、トキワマンサクジングウツツジなどの希少種見られる

※記事・写真等の無断転載を禁じます。

関連リンク


伊勢志摩国立公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/25 17:53 UTC 版)

伊勢志摩国立公園(いせしまこくりつこうえん)は、三重県志摩半島一帯からなる国立公園1946年11月20日に指定された。リアス式海岸と温暖な気候による植生が特徴で、英虞湾的矢湾五ヶ所湾など深い入り江が多い。




  1. ^ 伊勢志摩国立公園の区域図”. 環境省. 2012年10月6日閲覧。 (PDF)
  2. ^ 伊勢志摩国立公園の公園紹介”. 環境省. 2012年10月6日閲覧。
  3. ^ 国立公園の利用者数(公園、年次別)”. 環境省. 2012年10月6日閲覧。 (PDF)
  4. ^ 伊勢神宮と周辺の自然』(伊勢志摩きらり千選
  5. ^ ようこそ国立公園へ』(環境省
  6. ^ a b c d e f g 古田(2005)、74ページ
  7. ^ 『遷宮論集』(神社本庁
  8. ^ 驕るなかれ』53ページ(中村幸昭著、Google ブック検索) - 中村は鳥羽水族館創設者である
  9. ^ a b 古田(2005)、121ページ
  10. ^ 藤田・田林(2007)
  11. ^ 環境省自然ふれあい推進室"表II-9 国立公園内ビジターセンター等利用者数"自然公園等利用者数調(2013年3月16日閲覧。)


「伊勢志摩国立公園」の続きの解説一覧





伊勢志摩国立公園と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

伊勢志摩国立公園に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「伊勢志摩国立公園」の関連用語

伊勢志摩国立公園のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

阿蘇くじゅう国立公園

中部山岳国立公園

瀬戸内海国立公園

富士箱根伊豆国立公園

吉野熊野国立公園

瀬戸内海国立公園

阿寒国立公園

尾瀬国立公園





伊勢志摩国立公園のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
一般財団法人自然公園財団一般財団法人自然公園財団
Copyright 2016 一般財団法人 自然公園財団 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの伊勢志摩国立公園 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS