コクヌストモドキとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 昆虫類 > 貯穀害虫 > コクヌストモドキの意味・解説 

擬穀盗人

読み方:コクヌストモドキ(kokunusutomodoki)

ゴミムシダマシ科昆虫


コクヌストモドキ

コクヌストモドキ Tribolium castaneum (Herbst)

コクヌストモドキ

この害虫属する群
食品害虫(3) コクヌストモドキ
形態
 体長3~4mm、赤褐色細長くヒラタコクヌストモドキに似るが、触角先端3節が特に膨大する。また腹面から見ると、複眼横長で、左右複眼の間がより狭い。幼虫は6mmに達し尾端に1対の突起がある。薄黄色で、頭部尾端突起黄褐色。卵は乳白色球形直径約0.1mm、体長3~4mmで、乳白色で微端に1対の長刺がある。
分布
 世界共通種で、日本全土分布する。
被害
 ヒラタコクヌストモドキとともに小麦粉大害として世界的著名な種類。完全な穀粒には直接加害せず、穀粉穀類屑等から発生する。トウモロコシコメの粉のほか、乾燥果物や乾燥野菜加工品製菓類(ビスケット等)からも発生する。食品混入する被害も多い。また家屋多数発生することもあり、その量や臭いが原因不快害虫となることもある。
 臭いの主成分キノン類で、本種が多数発生したペットフードを食べたキノンによる中毒になった例もある。
生態
 成虫飛翔することができ、発育適す温度2535。餌の種類温度湿度条件によって発育期間は大きく変動し、通常年2~4世代発生するが、条件が良ければさらに回数多くなる。27全粒粉小麦で飼育した場合には、卵期5~6日幼虫30日1015日精白コムギで飼育する幼虫期間は約88日となり、卵から成虫までは1.5~3.5ヶ月要する発育零点発育が可能な温度)は1718成虫越冬する。成虫寿命長く通常の室温200日、547日生存した雄個体記録もある。雌は毎日2~3個ずつ産卵し、生涯産卵数5001000程度

コクヌストモドキ

食品害虫(3) コクヌストモドキ
この群に属す害虫
特徴
 コクヌストモドキ類は甲虫目ゴミムシダマシ科属す昆虫で、コクヌストモドキとヒラタコクヌストモドキ2種が特に食品害虫として重要な種類です。
 両種の形態酷似しており、体長3~4mm程度細長く銅色光沢あります。両種は触角形状複眼間の長さなどで区別できます。これらは小麦粉などの穀粉ビスケットチョコレートなどの菓子類、パンなどの2次加工品加害する害虫として世界的に知られ、ヌカ粉ミルク煮干なども食します。コクヌストモドキは木材加害しません。しかし、新築間もない一般家屋大量発見されることもあります。この場合には、食品がない場所で多数見つかることから、建材種類が関係しているのかも知れませんが、原因についてはまだ良く分かっていません。
 このほか比較近縁種類で、穀粉上で見られるものとしては、ヒメコクヌストモドキ、コヒメコクヌストモドキ、オオツノコクヌストモドキなども知られています。これらは体長および複眼頭部形状区別できます
防除
 他の食品害虫同様に、餌となる食品密閉容器などに入れて保管します。食品の滓や粉類の粉が溜まっていたら早めに掃除し、発生源除去することが基本となります。特に米びつ周辺米粉ヌカなどが溜まっていると発生源になりやすいので、日頃よく清掃しておきます。
 成虫に対してピレスロイド系殺虫剤噴霧すれば殺虫できますが、薬剤に対して比較的強いですのでしっかりと吹き付けます。発生した食品にはエアゾールを吹きかけてただちに廃棄し、周辺清掃します。市販燻煙剤全量噴射エアゾールは、溜まった粉の中にいるまで全滅させることはできませんので、よく清掃した後で使用します。


コクヌストモドキ

和名: コクヌストモドキゴミムシダマシ科
英名: red flour beetle
学名: Tribolium castaneum(Herbst) [Tenebrionidae]
コクヌストモドキ
コクヌストモドキ
分布 日本を含む世界共通種
形態 幼虫円筒形細長い成虫体長3.0-4.0mm。
成虫茶褐色光沢有する飛翔力がある。
加害する食品 穀類の粉
加害形態 飼料工場製粉工場床面に多い。
防除方法 工場倉庫清掃をよくし、こぼれた粉粒などをそのまま放置しない。工場倉庫内の板や袋の下などに生息していることが多いので、そうしたものを長期間放置しない。 
その他  
コクヌストモドキ
コクヌストモドキの幼虫
コクヌストモドキ
コクヌストモドキ
コクヌストモドキ
コクヌストモドキ
 コクヌストモドキ
参考ヒラタコクヌストモドキ

擬穀盗

読み方:コクヌストモドキ(kokunusutomodoki)

ゴミムシダマシ科昆虫

学名 Tribolium castaneum


擬穀盗人

読み方:コクヌストモドキ(kokunusutomodoki)

ゴミムシダマシ科昆虫

学名 Tribolium castaneum


コクヌストモドキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/03/04 23:31 UTC 版)

コクヌストモドキ(red flour beetle)は、ゴミムシダマシ科甲虫である。世界中で穀物等の貯蔵食物にとっての害虫であり、動物行動学及び食品安全研究のモデル生物である[1]


  1. ^ Grunwald, S., et al. (2013). “The Red Flour Beetle Tribolium castaneum as a Model to Monitor Food Safety and Functionality”. Adv Biochem Eng Biotechnol 135: 111-122. doi:10.1007/10_2013_212. PMID 23748350. 
  2. ^ Ridley, A., et al. (2011). “The spatiotemporal dynamics of Tribolium castaneum (Herbst): adult flight and gene flow”. Molecular Ecology 20 (8). doi:10.1111/j.1365-294X.2011.05049.x. 


「コクヌストモドキ」の続きの解説一覧





コクヌストモドキと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「コクヌストモドキ」の関連用語

コクヌストモドキのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

サツマゴキブリ

カクムネヒラタムシ

ヒゼンダニ

コクゾウムシ

野犬

クロゴキブリ

オオキモンノミバエ

オニグモ





コクヌストモドキのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
イカリ消毒イカリ消毒
Copyright 2017 IKARI CORPORATION All rights reserved.
食品総合研究所食品総合研究所
Copyright (C) 2017 National Food Research Institute All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコクヌストモドキ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS