触角とは?

しょっ かく しよく- [0] 【触角】

節足動物頭部にある付属肢の一。甲殻類では二対,昆虫類多足類などでは一対触覚嗅覚器官としてはたらき形状多種多様。剣尾類クモ類にはない。

触角

読み方:しょっかく

(1)節足動物などの頭部生え感覚器官一つ
(2)ヒトの髪から飛び出している一本ないし数本の髪を意味する語。髪を(1)の触角に見立てている言葉であり、他に「アホ毛」という呼び方も存在する。ちなみに前髪両端あるいは「もみあげ」にあたる部分の髪だけを前髪比べ伸ばしている髪型のこと、または伸びている部分そのものを特に「触角」と言うことがある。

触角

原題:
製作国:日本
製作年:1970
配給:東宝
スタッフ
監督:新藤兼人 シンドウカネト
製作:堀場伸世 ホリバノブヨ

能登節雄 ノトセツオ

桑原一雄 クワハラカズオ
脚本:新藤兼人 シンドウカネト
撮影:黒田清巳 クロダセイキ
音楽:林光 ハヤシヒカリ
美術:赤坂太郎 アカサカタロウ
編集:榎寿雄 エノキトシオ
録音:大橋鉄矢 オオハシテツヤ
スクリプター:鈴木忠雄 
照明:岡本健一 オカモトケンイチ
キャスト(役名
乙羽信子 オトワノブコ (民子)
乙羽信子 オトワノブコ (娼婦ユキ
大丸二郎  (利夫)
太地喜和子 タイチキワコ (八重
草野大悟 クサノダイゴ (大国
観世栄夫 カンゼヒデオ (ナガル氏)
殿山泰司 トノヤマタイジ (海坊主
蓼くにえ  (ミネ
解説
強虫女と弱虫男」の新藤兼人脚本監督担当し、コンビ黒田清巳撮影担当した。母と息子息子と恋人心理葛藤中心に本能追求したもの
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
石川民子は、息子の利夫と二人暮し音楽家カワノ・ナガル氏の写譜をして生計をたてていた。冬、母子高原山荘に来た時、民子は初め息子ガールフレンド八重紹介された。民子が仕事上京した日、八重は利夫をスキーに誘った。だが、利夫は腹痛訴え医者を呼ぼうとする八重をとどめ、母の帰宅待った。やがて、戻った民子が息子下腹部に手をさしこみ、ゆっくりさすりはじめた。すると、利夫の顔から、みるみる苦痛緊張がとけていった。夏が来て、利夫は家に近い海辺で八重とめぐりあった。そして八重訪れた日、彼女の胸を見て若き頃の母、その乳房を吸っていた自分思い浮かべるのだった。だが、民子は二人の関係が密接になるにつれて神経をとがらせ、一方八重も民子に敵意感ずるようになっていった。そして、砂浜へ出た八重は、「わたしのオッパイを飲む、ママさんのを飲んだように」と胸をひろげるのだったある日早朝仕事から帰った民子が、バスルームで貧血起した。ちょうど夢からさめた利夫は、全裸の母を介抱した。この様子を外から眺めていた八重は、ショックを受けるのだったある日民子の亡夫友人大国尋ねて来た。大国は民子の心情を見透し発掘した石棒を置いていった。その大国が、サロン・ナデシコに利夫を誘った。そこには、民子にそっくりな娼婦ユキがいた。だが、彼女の顔半分には原爆爪痕生生しく残っていた。ユキは、基地白人抱かれる時にはいつも、原爆のむごさを語るのだった大国は酔っぱらったユキを抱こうとした。だが、利夫は母が犯されるような錯覚をおぼえ大国行為さまたげた。利夫がユキ挑発に乗って、愛の交歓をしたのは、その直後だった。やがて、八重が「あの女と寝たのなら、あんたはママと寝たのよ」と利夫に迫った。それから間もなく、民子は二人が結ばれたのを見てがく然とした。やがて、民子は利夫を連れて夫の墓詣りをした。そして、裏日本荒海見下す断崖墓前で「ママが死んだら、パパお墓の横に入るの」と言い残し、姿を消してしまった。民子はもういない。利夫は、しんしんと降り積る山荘で、ママ回想しつづけた。

触角

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/15 01:29 UTC 版)

触角(しょっかく)は、節足動物などの頭部から突出している対になった器官のひとつ。感覚や運動を司る。




「触角」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「触角」の関連用語

触角のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

乾麺

樫原の棚田村

唐臼

大山隠岐国立公園

ハマフエフキ

セル・シュール・シェル

コミュニティ放送

FACOM 9450-Ⅱ





触角のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2017 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの触角 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS