病気休暇 病気休暇に対する反対意見

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 病気休暇の解説 > 病気休暇に対する反対意見 

病気休暇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/14 23:46 UTC 版)

病気休暇に対する反対意見

雇用主は自身の裁量で有給休暇を提供すべきだと主張する意見もある。雇用主は従業員の給与嗜好を最もよく理解しており、労働力の固有のニーズを満たすために柔軟性を維持しなければならないとしている。クリーブランド州立大学の調査によると、有給病気休暇制度により発生する費用には、「有給休暇制度の新規利用者の賃金喪失および病欠の説明責任システムを運営するために必要な管理費」が含まれている。この調査では、州に純費用を課し、失業を招くことによって、有給休暇の委任義務は州の従業員と雇用主にとって有害であると考えられていた(委任状の費用が給付を上回ることに注意が必要)[34]

2010年のニューヨーク市の雇用主の調査では、有給病気休暇の委任は年間789百万ドルの費用を都市の雇用主にかけるであろうことがわかった[35]。この調査ではまた、中小企業や非営利団体が、市全体での委任の約20%のコストに直面していることが明らかになった[35]

2013年雇用政策研究所の調査によると、コネチカット州の有給病気休暇の要求に応えて、多くの企業が有給休暇の削減、従業員給付の縮小、時間短縮、賃金の引き下げ、または価格の引き上げを行っている[35]。調査に回答した雇用主の約24%は、法律の結果として雇用する従業員数が減ったと答え、10%が、法律によって州内での事業拡大を制限または削減しているとしている[35]

脚注

[脚注の使い方]

関連項目

外部リンク


  1. ^ Jody Heymann, Alison Earle, and Jeffrey Hayes, The Work, Family and Equity Index: How Does the United States Measure Up?, Institute for Health & Social Policy, 2007.
  2. ^ Bureau of Labor Statistics, Table 30. Leave benefits: Access, private industry workers, National Compensation Survey, March 2009.
  3. ^ Bureau of Labor Statistics, Table 30.
  4. ^ Vicky Lovell, Institute for Women’s Policy Research, Women and Paid Sick Days: Crucial for Family Well-Being Archived 2010-06-17 at the Wayback Machine., 2007.
  5. ^ Tom W. Smith, Paid Sick Days: A Basic Labor Standard for the 21st Century Archived 2011-07-16 at the Wayback Machine., National Opinion Research Center at the University of Chicago, August 2008.
  6. ^ a b Smith, Paid Sick Days.
  7. ^ 野田進「「休暇」概念の法的意義と休暇政策─「休暇として」休むということ」『日本労働研究雑誌』第625巻、労働政策研究・研修機構、2012年8月、 NAID 40019394013
  8. ^ 神吉知郁子「休日と休暇・休業」『日本労働研究雑誌』第657巻、労働政策研究・研修機構、2015年4月。
  9. ^ 一般職の職員の勤務時間、休暇等に関する法律(法律第三33号(平6・6・15))
  10. ^ 職員の勤務時間、休日、休暇等に関する条例(平成7年3月16日東京都条例第15号)
  11. ^ 独立行政法人国立青少年教育振興機構職員勤務時間、休暇等規程
  12. ^ Vicky Lovell, Institute for Women’s Policy Research, Valuing Good Health: An Estimate of Costs and Savings for the Healthy Families Act Archived 2010-06-16 at the Wayback Machine., 2005.
  13. ^ Lisa Clemans-Cope et al., "Access to and Use of Paid Sick Leave Among Low-Income Families With Children," Pediatrics, vol. 122, no. 2 (2008).
  14. ^ Jody Heymann, The Widening Gap: Why America’s Working Families Are in Jeopardy – and What Can Be Done About It, Basic Books, 2000
  15. ^ Lovell, Women and Paid Sick Days.
  16. ^ Testimony of Dr. Heidi Hartmann, Institute for Women’s Policy Research, before the U.S. Senate Committee on Health, Education, Labor, and Pensions, 2006.
  17. ^ Centers for Disease Control and Prevention, “What To Do If You Get Sick: 2009 H1N1 and Seasonal Flu,” January 12, 2010.
  18. ^ Centers for Disease Control and Prevention, “CDC Recommendations for the Amount of Time Persons with Influenza-Like Illness Should be Away from Others,” October 29, 2009.
  19. ^ Institute for Women’s Policy Research, Sick at Work: Infected Employees in the Workplace During the H1N1 Pandemic Archived 2010-06-16 at the Wayback Machine., February 2010.
  20. ^ NPR/Kaiser Family Foundation/Harvard School of Public Health, Health Care and the Economy in Two Swing States: A Look at Ohio and Florida, July 2008
  21. ^ National Foundation for Infectious Diseases, Flu in the Workplace: Key Facts & Figures Archived 2010-07-13 at the Wayback Machine..
  22. ^ Supplement to the 2009 FDA Food Code.
  23. ^ Centers for Disease Control, Norovirus Outbreak Associated with Ill Food-Service Workers, January 2006
  24. ^ January W. Payne, “Ohio Disease Outbreak Linked to Chipotle Restaurant,” April 21, 2008.
  25. ^ Policy Matters Ohio, Outbreak in Ohio: Cost of the 2008 Norovirus Incident in Kent Archived 2009-07-05 at the Wayback Machine..
  26. ^ Asfaw, A.; R. Pana-Cryan; R. Rosa (July 2012). “Paid sick leave and nonfatal occupational injuries”. Am J Public Health 102: e59–e64. doi:10.2105/ajph.2011.300482. PMC 3482022. http://www2a.cdc.gov/nioshtic-2/BuildQyr.asp?s1=asfaw&f1=%2A&Startyear=&Adv=0&terms=1&EndYear=&Limit=10000&sort=&D1=10&PageNo=1&RecNo=1&View=f& 2012年8月7日閲覧。. 
  27. ^ Employment Policy Foundation, “Fact Sheet: Employee Turnover is Expensive,” 2004.
  28. ^ Ron Goetzal et al. “Health Absence, Disability, and Presenteeism Cost Estimates, Journal of Occupational and Environmental Medicine, April 2004.
  29. ^ Norman G. Marriott, Principles of Food Sanitation, 1999.
  30. ^ U.S. Bureau of Labor Statistics, Program Perspectives on Paid Sick Leave, vol. 2, issue 2 (2010).
  31. ^ Lovell, Valuing Good Health Archived 2010-06-16 at the Wayback Machine..
  32. ^ Vicky Lovell and Kevin Miller, "Job Growth Strong with Paid Sick Days," Archived 2010-06-16 at the Wayback Machine. Institute for Women's Policy Research (2008).
  33. ^ John Petro, Paid Sick Leave Does Not Harm Employment Archived 2010-11-22 at the Wayback Machine., Drum Major Institute (2010).
  34. ^ The Likely Impact of Mandated Paid Sick and Family-Care Leave on the Economy and Economic Development Prospects of the State of Ohio”. The Urban Center at the Maxine Goodman Levin College of Urban Affairs (2008年9月26日). 2011年9月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年7月29日閲覧。
  35. ^ a b c d http://epionline.org/downloads/130202_PaidSickLeaveCT_ExecutiveSummary.pdf[リンク切れ]


「病気休暇」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「病気休暇」の関連用語

病気休暇のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



病気休暇のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの病気休暇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS