世界アンチ・ドーピング機構 和訳名

世界アンチ・ドーピング機構

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/21 05:52 UTC 版)

和訳名

この組織の日本語翻訳名は、以下のようなものがある[11]

一部では、「アンチ」「反」を省略し、「世界ドーピング機構(機関)」とも表記される[24][25][26]

WADAの読み方は、「ダブリュー・エイ・ディー・エイ」と「ワダ」の二通りがあるが、放送業界では「ワダ」が一般的である。

脚注

[脚注の使い方]

注釈

出典

関連項目

外部リンク


  1. ^ WADAが規程する制裁措置「出場停止2年」が、選手寿命が短いサッカーには影響が大きすぎるとして、独自ルールのドーピング規定を行っていた
  2. ^ ソウル検査所を資格停止 世界反ドーピング機関”. 共同通信. 2011年12月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年5月24日閲覧。
  3. ^ 柔道金・松本薫が明かすドーピング検査の実態…女性も立ったまま、覗きこまれ”. デイリースポーツ (2016年12月31日). 2019年7月23日閲覧。
  4. ^ 血液検体を金づちで破壊、孫楊がドーピング検査を妨害か”. AFP (2019年7月14日). 2019年7月23日閲覧。
  5. ^ チクリッシモno.17 別冊付録 P25
  6. ^ BBC NEWS JAPAN2016年3月19日閲覧。
  7. ^ 毎日新聞2016年3月19日閲覧。
  8. ^ ロシアNOW2016年3月19日閲覧。
  9. ^ スポーツナビ2016年3月19日閲覧。
  10. ^ 米国、WADAへの資金提供停止すれば五輪出場停止も”. 2020年9月4日閲覧。
  11. ^ 新・ことば事情5945「WADAの訳語2」
  12. ^ 2000年(平成12年)9月13日文部省告示第151号「スポーツ振興基本計画を定めた件」
    2006年(平成18年)9月21日文部科学省告示第135号「スポーツ振興基本計画の全部を改正した件」
  13. ^ 世界アンチ・ドーピング機構の成り立ち”. アンチ・ドーピングの連携. 公益財団法人 日本アンチ・ドーピング機構. 2021年8月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月19日閲覧。
  14. ^ 「五輪後のスポーツを考える」(1) ドーピング問題 浅川伸・日本アンチ・ドーピング機構専務理事”. これからの記者会見. 日本記者クラブ. 2022年3月16日閲覧。
  15. ^ “WADAが15歳ワリエワのスタッフなど周辺の成年者を調査へ”. 日本テレビ. (2022年2月13日). https://news.ntv.co.jp/category/sports/77211459b0e5469abd1eaba4fd943ee6 2022年3月16日閲覧。 
  16. ^ “ワリエワ出場継続 IOC メダル授与式行わないことに理解求める”. NHK. (2022年2月13日). https://www3.nhk.or.jp/sports/news/k10013485461000/ 2022年3月16日閲覧。 
  17. ^ “「失望している」ワリエワ選手の裁定にWADAが反論”. テレビ朝日. (2022年2月14日). https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000244816.html 2022年3月16日閲覧。 
  18. ^ 世界ドーピング防止機構(WADA)について”. スポーツ界の透明性,公平・公正性の向上. スポーツ庁. 2021年5月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月19日閲覧。
  19. ^ “【独自解説】ワリエワ選手“ドーピング問題”でCASが文書を公表、食い違うロシアとWADAの主張…今後の動きを現役・CAS仲裁人が解説”. 情報ライブ ミヤネ屋 (読売テレビ). (2022年2月20日). https://www.ytv.co.jp/miyaneya/article/page_ysepveyw7z4iaggn.html 2022年3月16日閲覧。 
  20. ^ “ワリエワの五輪出場認める CAS裁定”. 産経新聞社. (2022年2月14日). https://www.sankei.com/article/20220214-XIYFBFETMZKKPKAIGPUM36QPNE/?outputType=theme_beijing2022 2022年3月16日閲覧。 
  21. ^ “ワリエワ出場認めた裁定「残念」”. 朝日新聞社. (2022年2月14日). https://www.asahi.com/articles/GCO2022021401001451.html 2022年3月16日閲覧。 
  22. ^ “ワリエワ検査結果遅れでロ側反論 WADAの指摘と食い違い(共同通信)”. 熊本日日新聞社. (2022年2月15日). https://kumanichi.com/articles/560099 2022年3月16日閲覧。 
  23. ^ “ワリエワ、個人戦も出場可能 CAS裁定「要保護者」を考慮”. TBSテレビ. (2022年2月14日). https://www.tbs.co.jp/olympic/news/202202141506.html 2022年3月16日閲覧。 
  24. ^ ㈱梅丹本舗製造の「古式梅肉エキス」からWADA禁止物質の含有が確認された件について 公益財団法人日本健康・栄養食品協会
  25. ^ アンチ・ドーピング委員会コラム_10全日本剣道連盟
  26. ^ 第9章 学校における健康教育愛知県医師会


「世界アンチ・ドーピング機構」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  
  •  世界アンチ・ドーピング機構のページへのリンク

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

世界アンチ・ドーピング機構のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



世界アンチ・ドーピング機構のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの世界アンチ・ドーピング機構 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS