e toとは? わかりやすく解説

エチレンオキシド

分子式C2H4O
その他の名称アンプロレン、酸化エチレン、エチレンオキシド、Oxirane、Anprolene、Ethylene oxide、Epoxyethane、エポキシエタンエチレンオキサイドEthyleneoxideオキサンRCRA waste number U-115、Oxane、NCI-C-50088、ETO、1,2-Epoxyethane、アセプトン-C、エルナックH、ステリガス、フミゲート
体系名:1,2-エポキシエタンオキシラン


Eto

名前 エトーエトウ

E.T.O.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/13 09:35 UTC 版)

E.T.O.』(イーティーオー)(Emissary Twelve Operations.:密使12作戦)は高田慎一郎による日本漫画。『月刊Gファンタジー』(スクウェア・エニックス2002年12月号から2004年8月号まで連載。単行本は全4巻発行。


注釈

  1. ^ ロウは⻖に娄と書き、キは虫と書く。
  2. ^ 「十二衹」と表記されることもある。むしろ「十二衹」と表記される方が回数としては多い、以下がその例である。第1巻14頁目第3巻4頁目第4巻5頁目

出典

  1. ^ 単行本第4巻73頁。
  2. ^ 単行本第2巻66頁。
  3. ^ 単行本第4巻カバー下のおまけ漫画で登場。
  4. ^ a b c d E.T.O. - 高田慎一郎公式サイト「休日のベイルアウト」”. 高田慎一郎. 2021年11月13日閲覧。


「E.T.O.」の続きの解説一覧

ETO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/11/13 00:29 UTC 版)

ETO

EtO



ETO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/10 05:28 UTC 版)

ウォッチドッグス レギオン」の記事における「ETO」の解説

作中使われているゲーム内架空通貨メインミッションサイドミッションなどをクリアする等のクリア報酬として入手できる作中ショップ販売されている衣服や靴、カバンなどの購入のほか、車両武器のスキンペイント変更使用することができ、作中設定しては分散型台帳技術ブロックチェーン利用した匿名性の高い暗号通貨であるとされているポンド価値四半期10%近く暴落し暗号通貨(ETO)の方相対的に価値安定していたことをきっかけによりロンドン市民に広く使われるようになったポンド保護しておきたい英国政府イングランド銀行思惑により法律上は「非合法の通貨」と指定されているが、決済手段として広く広まってしまっており誰も守ってはいないと作中言及されている。

※この「ETO」の解説は、「ウォッチドッグス レギオン」の解説の一部です。
「ETO」を含む「ウォッチドッグス レギオン」の記事については、「ウォッチドッグス レギオン」の概要を参照ください。


ETO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 17:03 UTC 版)

メトロポリちゃんV」の記事における「ETO」の解説

ニコニコ生放送「オリコンランキングスタイル」内で結成された、芸人クロノユウスケプロデュースによる干支モチーフとした12人組アイドルユニット2012年2月正式に解散発表

※この「ETO」の解説は、「メトロポリちゃんV」の解説の一部です。
「ETO」を含む「メトロポリちゃんV」の記事については、「メトロポリちゃんV」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「e to」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

e toのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



e toのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのE.T.O. (改訂履歴)、ETO (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのウォッチドッグス レギオン (改訂履歴)、メトロポリちゃんV (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS