Xバンドレーダーとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > Xバンドレーダーの意味・解説 

Xバンドレーダー

読み方:エックスバンドレーダー
英語:X-band Radar

Xバンド呼ばれる周波数帯域使用するレーダー総称。およそ7GHz~12GHzの周波数使用される。広域高頻度・高分解能対象観測が可能であるという特徴がある。主に気象観測通信などに利用されている。

国土交通省全国26箇所にXバンドレーダーを配置し、雨量観測を行っている。2010年にはインターネット通じ降水予測情報リアルタイム配信試験的開始している。

気象庁では「降水ナウキャスト」と呼ばれるレーダー使用して5分間隔の雨量予測を行っている。降水ナウキャスト解析範囲は約1キロメートル単位とされるが、国土交通省のXバンドレーダーは250メートル単位解析を行うことが可能である。

2012年1月現在、気象庁2013年以降実用化目標として、国土交通省のXバンドレーダーを気象予測活用できるシステム整備すると発表している。

関連サイト
XバンドMPレーダ雨量情報
Xバンドレーダの導入について - 国土交通省


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Xバンドレーダー」の関連用語

Xバンドレーダーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



Xバンドレーダーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS