I18Nとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > OSS用語 > I18Nの意味・解説 

I18N

読み方インターナショナライゼイション
正式名称Internationalization

ソフトウェア特定の地域言語仕様に縛られることなく、世界各国で共通して利用できるようにすることを意味する「Internationalization」を省略した表記方法。間の「18」は、単語先頭の"I"と末尾の"n"の間にある文字の数を意味している。単語自体長いために便宜的に使われる表記方法である。
I18Nの例としては、利用文字コード想定しない、あるいはあらゆる文字コードに対応する、時刻日時表示形式任意指定可能できるようにするといった機能を入れるといったことが挙げられる。
日本語では「国際化」とも呼ばれる
関連見出し
L10N
M17N

国際化と地域化

(I18N から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/26 17:31 UTC 版)

情報処理における国際化と地域化(こくさいか と ちいきか)は、ソフトウェアを開発した環境とは異なる環境、特に外国異文化に適合させる手段である。


注釈

  1. ^ 外来語の言い換え提案として、地球規模化という直訳を与えている機関もある[2]

出典



「国際化と地域化」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「I18N」の関連用語

I18Nのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



I18Nのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
OSS iPediaOSS iPedia
Copyright © Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2006-2020
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの国際化と地域化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS