返るとは?

かえ・る〔かへる〕【返る/反る】

[動ラ五(四)

表であったものが裏になったり、上であったものが下になったりして、ものの向き位置反対になる。裏がえるひるがえるひっくりかえる。「裾が—・る」「軍配が—・る」「漢文を下から—・って読む」

(返る)一度変化したものが、前やもとの状態になる。「童心に—・る」「正気に—・る」

(返る)一度手を離れた物が手元に戻る。もとの所有者に戻る。「忘れ物が—・る」「投資した金が倍になって—・ってくる」

(返る)こちらから働きかけに対して相手反応する。「返事が—・ってくる」

年月季節一巡して再びその時になる。年が改まる

その年も—・りぬ」〈更級

染め色がさめる。色があせる。

「はな(=ハナダ色)も—・り濡れなどしたる薄色宿直物(とのゐもの)を着て」〈・二〇〇

動詞連用形に付く。

㋐すっかり…する、ひどく…する意を表す。「静まり—・る」「あきれ—・る」「むせ—・る」

繰り返し…する意を表す。

ぬばたまの夜を長みかもわが背子が夢(いめ)に夢に見え—・るらむ」〈二八九〇〉

[可能] かえれる

[下接句] 己に克(か)ち礼に復(かえ)る・愚に返る・年返る・覆水盆に返らず・我に返る


かや・る【反・返・帰・覆】

〔自ラ四〕 (「かえる(反)」の変化した語)

① もとの所へもどる。

*あさぢが露(13C後)「日もくれぬればかやり給はんとするに」

ひっくりかえる。

俳諧師(1908)〈高浜虚子〉二五「『奥さん雑巾は?』と三蔵は覆(カヤ)った糊皿を見て心配さうに細君の顔を見る」


かえ・る かへる 【反・返・帰・還】

〔自ラ五(四)

[一] (反・返事物事柄位置逆になる。また、物事の状態が変わる。

ひるがえって裏が表側に出る。

万葉(8C後)一〇・二〇六三天の河霧立上るたなばた雲の衣の飄(かへる)袖かも」

更級日記(1059頃)「かへる風はげしううちふきて」

ひっくりかえって上が下側になる。また、横倒しになる。くつがえる

万葉(8C後)四・五五七大船漕ぎまにまに磐(いは)に触れ覆(かへら)ば覆(かへれ)妹によりては」

宇治拾遺(1221頃)一〇「山もひびきて地もかへりぬべし」

物の形や質などが変わる。

書紀720皇極二年八月岩崎本訓)「茨 田池変(カヘリ)ての汁の如く

染色などがうすくなる。色があせる。

後撰(951‐953頃)恋四・八五二菊の花うつる心をおくにかへりぬべくもおもほゆる哉〈よみ人しらず〉」

(10C終)三六「うす色の、裏いと濃くて、上はすこしかへりたるならずは」

(5) 成長して、羽の斑点のさまが変わる。〔藻塩草(1513頃)〕

(6) 反切(はんせつ)によって漢字の音があらわされる。

玉塵抄(1563)六「嬴ここのかえしはりなり。るいは又りとかえるぞ」

[二] (返・帰・還事物事柄が、もとの場所、状態などにもどる。

① もとの場所や持主にもどる。

万葉(8C後)五・八〇一「ひさかたの天路遠しなほなほに家に可弊利(カヘリ)て業(なり)をしまさに」

源氏100114頃)明石「年経つるとまやも荒れてうき波のかへる方にや身をたぐへまし」

② もとの状態にもどる。復元する。

古今(905‐914)雑上・八九六「さかさまに年もゆかなんとりもあへず過ぐるよはひやともにかへると〈よみ人しらず〉」

源氏100114頃)若菜上若々しくいにしへにかへりて語らひ給ふ

③ 特に、本来そうあるべきところ、状態などにもどる。

無名抄(1211頃)「歌のさま世々によみ古されにける事を知りて、更に古風にかへりて幽玄の体を学ぶ事のいで来る也」

④ まわって、もとにもどる一年めぐって季節がまた新しくはじまる。

万葉(8C後)一七・三九七九「あらたまの年可敝流(カヘル)まで相見ねば心もしのに思ほゆるかも」

(5) 野球で、走者が、各塁を回り本塁にもどって得点になる。生還する。

日本野球史(1929)〈国民新聞社運動部忍苦一高又も早慶敗る河野飛球が敵の虚に落て泉谷は還(カヘ)った」

[三] (動詞連用形に付けて補助動詞的に用いる) 上の動詞表わす動作、状態が繰り返されるさま、また、はなはだしいさまを表わす繰り返し…する。はなはだしく…する。すっかり…する。

万葉(8C後)四・六〇三「思ふにし死(しに)するものにあらませば千たびそわれは死に変(かへら)まし」

源氏100114頃)桐壺はかばかしうものたまはせやらず、むせかへらせ給ひつつ」


かい・る かひる 【帰・返】

〔自ラ五(四)〕 「かえる(帰)」の変化した語。

万葉(8C後)二〇・四三三九「国巡子鳥(あとり)(かまけり)行き廻り 加比利(カヒリ)来までに斎(いは)ひて待たね」

応永本論語抄(1420)子路「士たる者は人のかいる処あらば、切瑳琢磨して正すべし」

[補注]万葉」の例は駿河国防人(さきもり)の歌で、「へ」が「ひ」に変わったもの。


かやる

・る【返る】[動ラ五] かえす。ひっくりかえる。〈中〉

返る

出典:『Wiktionary』 (2016/01/23 12:14 UTC 版)

漢字混じり表記

  1. かえる 参照



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「返る」の関連用語

返るのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



返るのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
北海道方言辞書北海道方言辞書
Copyright © 1997-2021 by akaringo. All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの返る (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS