軽海用水とは?

軽海用水

軽海用水
神社前の
軽海用水 疏水概要
疏水所在
幹線小松市軽海町八幡地内2,285m、南部幹線八幡地内不動島地内2,967.6m、北部幹線八幡地内園町地内1,527.4m

所在地域の概要
一級河川梯川から取水し、御殿山の下にトンネルを掘ってを引く。  
軽海用水の区域は、小松市のほぼ中心部を流下する梯川左岸位置。  
稲作はもちろん施設野菜い草のほとんどはここで作られている。

疏水概要特徴
法改正により昭和26年「軽海用水普通水組合」より「小松東部土地改良区」に組織変更され、現在に至っている。明治29年大洪水付近宅地農地被害が及び、明治35年頭首工及びトンネル設置用水安定供給を図った。  
しかし、渇水期漏水が生じ、洪水時の災害悩み昭和の大改修を行なった。
その後渇水洪水に悩まされ、昭和61年度より石積み護岸コンクリート三方張りにし、放水路排水機場設置した。「県営かんがい排水事業」は平成16年度に完了。ようやく軽海用水区域整備が整い、更なる用水安定供給を図った。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「軽海用水」の関連用語

軽海用水のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



軽海用水のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
疏水名鑑疏水名鑑
Copy Light(c) : The Ministry of Agriculture Forestry and Fisheries of Japan

©2019 Weblio RSS