自動車産業の6重苦とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 自動車産業の6重苦の意味・解説 

自動車産業の6重苦

読み方:じどうしゃさんぎょうのろくじゅうく
別名:自動車産業の六重苦

2011年現在の日本自動車業界が面しているとされる6つの苦境。(1)円高、(2)高い法人税、(3)自由貿易協定存在、(4)製造業への派遣禁止、(5)温室効果ガス原因とされる二酸化炭素2020年までに25%削減する宣言、そして(6)震災とそれに伴う電力不足の問題、である。

2011年に入ってから、日本自動車工業会会長トヨタ自動車社長などが、自動車6重苦に面していると言明している。2011年6月現在は震災機能しなくなった工場機能取り戻しつつあるが、成長続け見通し依然として厳しいものとなっている。

2011年10月には、多く自動車メーカー生産拠点を持つタイにおいて大規模洪水発生した。月産10万規模自動車工場などが軒並み浸水し、2011年11月1日現在、生産再開目処が立っていないタイ洪水含めて自動車産業は7重苦陥ったとも言える

2011年10月末、ホンダ池史彦専務は、決算会見において「自動車産業の7重苦」に言及した上でホンダ震災工場直接被災しており「8重苦」という感じがするとも述べている。

関連サイト
ホンダは洪水被害で「8重苦」、通期業績見通しを未定に変更 - ロイター


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「自動車産業の6重苦」の関連用語

自動車産業の6重苦のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



自動車産業の6重苦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS