精神科急性期治療病棟とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 施設 > 病棟 > 精神科急性期治療病棟の意味・解説 

精神科急性期治療病棟

読み方せいしんかきゅうせいきちりょうびょうとう

 わが国における精神科救急医療専門病院草分けである千葉県精神科医療センターモデルとして、1996年診療報酬表に掲載された精神科専門病棟です。当時平均的精神科入院医療費の約2倍の医療費定額給付されましたが(2008年4月現在は、日額19,000円、精神療法などは別料金)、代わりに精神保健指定医病棟専従で1名以上、病院全体で2名以上いること、この病棟入院患者13人に1人上の看護師常時配属されていること、専従精神保健福祉士ないし心理技術者1人以上配属されていること、などの施設基準設定されています。このほか運用でも、精神科救急医療体制整備事業参加していること、年間入院患者の4割以上が新規入院患者(3ヶ月以内精神科入院歴がない患者)であること、4割以上が3ヶ月以内自宅退院すること、などの条件設けられています。精神科急性期治療病棟を認可された病院は、2007年末現在、全国169か所あり、精神科救急医療体制整備事業の中で中心的役割を果たしていますが、7県では未だに認可されていません。医療スタッフ、特に精神保健指定医確保が困難のためと推測されています。なお、2002年には、施設基準医療費給付の面で精神科急性期治療病棟をしのぐ精神科救急入院料病棟いわゆるスーパー救急病棟」)が診療報酬上に新設されました。




精神科急性期治療病棟と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「精神科急性期治療病棟」の関連用語

精神科急性期治療病棟のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



精神科急性期治療病棟のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
厚生労働省厚生労働省
(C)2019 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.
e-ヘルスネット

©2019 Weblio RSS