水割りのつくり方とは?

Weblio 辞書 > 食品 > お酒・飲料事典 > 水割りのつくり方の意味・解説 

水割りのつくり方

水割りはいわばウイスキーカクテル。きちんとつくればとてもおいしい飲みものとなり、また、中酒としても最高です。おいしいつくり方の秘訣ご紹介ましょう
(1)グラスの縁まで氷をたっぷり入れます。氷にもこだわって、ミネラルウォーターでつくった大きめカチ割り氷を。不純物がなく、固くて溶けにくいので、理想濃度のおいしさが続きます。 (1)
(2)ウイスキーお好み合わせて適量注ぎます。ウイスキー1に対して2.5をお奨めします。多く人々が最もおいしいと感じている濃度がこの1:2.5です。 (2)
(3)マドラー13回転かきまぜます。を入れる前によくかき混ぜるのが秘訣ウイスキーグラスがよく冷え目安13回転半まぜた頃。 (3)
(4)溶けた分の氷を足します。冷たさを保ち、見た目にも涼やかさが伝わってきます。 (4)
(5)最後に冷えミネラルウォーター適量注ぎ、3回転半かき混ぜましょう良い水で割るほど水割り冴えます。13.5回と3.5回で17回---17文字芸術俳句と同じ数だけよくかき混ぜて、おいしさ最高の水割り出来上がり (5)


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

水割りのつくり方のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



水割りのつくり方のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
サントリーサントリー
COPYRIGHT © 1995-2019 SUNTORY LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.
サントリー株式会社お酒・飲料大事典

©2019 Weblio RSS