揺籃とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 人生 > 揺籃 > 揺籃の意味・解説 

よう らん えう- [0] 【揺籃

ゆりかご
物事発展する初めまた、物事発展をはぐくんだ時期や場所。 「黄河文明-の地」


揺籃

読み方:ヨウラン(youran)

ゆりかご


揺籃

作者保坂和志

収載図書明け方の猫
出版社講談社
刊行年月2001.9

収載図書明け方の猫
出版社中央公論新社
刊行年月2005.2
シリーズ名中公文庫


揺籃

読み方:ヨウラン(youran)

作者 大岡昇平

初出 昭和24年

ジャンル 評伝


ゆりかご

(揺籃 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/27 14:25 UTC 版)

ゆりかご(揺り籠)は、幼児乳幼児を収めてあやすための道具家具容器)である。揺籃(ようらん)ともいう。




「ゆりかご」の続きの解説一覧

揺籃

出典:『Wiktionary』 (2010/04/23 11:41 UTC 版)

名詞

ようらんゆりかご

  1. ゆりかご揺りかご赤子を入れるかご。吊るし揺らすことであやす。
  2. 転じてものごと・人の初期をさす。
    派生語: 揺籃の地揺籃期
    成句: 「ゆりかごから墓場まで
    イギリス労働党第二次世界大戦後に掲げたスローガン参照ウィキペディア

発音

読み
仮名:(音)ようらん、(訓)ゆりかご
IPA: //
同音異義語:(音)要覧, 洋蘭

関連語

翻訳




揺籃と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「揺籃」の関連用語

1
発祥地 国語辞典
92% |||||

2
幼少 国語辞典
92% |||||

3
揺籃期 国語辞典
92% |||||

4
幼稚 国語辞典
76% |||||

5
幼年 国語辞典
76% |||||

6
揺り籠 国語辞典
76% |||||

7
子守唄 国語辞典
58% |||||

8
子守歌 国語辞典
58% |||||

9
揺籃歌 国語辞典
58% |||||


揺籃のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



揺籃のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのゆりかご (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの揺籃 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2018 Weblio RSS