唆とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 漢字辞典 > の意味・解説 

平仮名「さ」は「左」の草体片仮名「サ」は「散」の初三画。

【矢・箭

(や)。 「惜しみ投ぐる-の遠ざかりゐて思ふそら安けなくに/万葉集 3330

[1] 【左】

ひだり。特に右から縦書きにした文面で,左側すなわち後述の文や内容をさし示すときに用いる語。左記。 「 -に述べるように…」

[0] 【沙】

しゃ(沙)

【些

すこしばかり。わずか。 「室内空気-も熱せずして/義血俠血 鏡花

[0] 【差】

性質能力程度などの違い。ひらき。へだたり。 「寒暖の-が激しい」 「大きな-をつける」 「雲泥うんでいの-がある」
〘数〙 ある数から他の数を引いた値。さしひき。 ↔

[1] 【梭

(ひ) 」に同じ。

( 代 )
三人称その人。そいつ。もっぱら格助詞「が」を伴い,「さが」の形で用いられる。 「 -が髪をとりて,かなぐり落とさむ。-が尻をかき出でて,ここらの公人見せて,恥を見せむ/竹取」

【然

( 副 )
前に示されていることを受けて,その事態を示す語。そう。そのように。 「 -思(おぼ)したり/源氏 桐壺」 〔平安時代以後みられる語〕 → さこそさのみさだにさはさばかりさもさらで

[1]

( 感 )
人を誘ったり,促したりするときに発する語。さあ。 「 -,行こう」
驚いたり,気付いたりしたときに発する語。さあ。 「 -かかつたは/狂言記・こんくゎい」
言葉につまったり,ためらったりするときに発する語。

出典:『Wiktionary』 (2012/03/25 03:42 UTC 版)

発音


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「唆」の関連用語

唆のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



唆のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2019 Weblio RSS