合印とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 出版 > > 合印の意味・解説 

あい‐いん〔あひ‐〕【合(い)印】

別の帳簿書類対照したしるしに押す印。合い判(はん)。あいじるし


あい‐じるし〔あひ‐〕【合(い)印】

器物などの組み合わせ紛れないように、それぞれにつけておくそろいのしるし。

他と区別するためのしるし。特に戦場で敵味方区別をするために、兜(かぶと)や袖(そで)の一部につけた一定の標識

(「合い標」とも書く)裁縫で、2上の布を縫い合わせるとき、合わせ目につけておくしるし。

あいいん(合い印)」に同じ。


あい‐いん あひ‥ 【合印】

〔名〕 別の帳簿書類対照したしるしに押す印。合判(あいはん)。あいじるし。〔地方凡例録(1794)七〕


あい‐じるし あひ‥ 【合印】

〔名〕

戦場で敵味方区別はっきりさせるために、笠、袖その他、武装一部につける一定の目印

史記抄(1477)六「一軍あいしるしにそ」

区別をするために、物につけておく目印記号

上井覚兼日記天正一四年(1586)一〇月六日此日相識仕立候也」〔日葡辞書(1603‐04)〕

裁縫で、二枚上の布を縫い合わせる時、間違いの起こらないように、継ぎ目につけるしるし。躾糸(しつけいと)で縫いけたものを縫標(ぬいじるし)、へらでつけたもの合篦(あいべら)という。

④ =あいいん(合印)


合印

読み方:アイイン(aiin)

勘定所の米金支証文確認印判


合印

布を縫い合わせる時、ずれないようにつけておく印のこと。カーブ部分はずれやすいので、合印を必ずつけるようにしましょう

合印

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/04 02:56 UTC 版)

合印合い印(あいいん、あいじるし)




「合印」の続きの解説一覧

合印

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 10:13 UTC 版)

名詞

(あいじるしあいいん)

  1. 帳簿書類帳簿書類引き合わせしるしに押す

類義語




合印と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「合印」の関連用語

合印のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



合印のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日本ヴォーグ社日本ヴォーグ社
Copyright (c) NIHON VOGUE-SHA Co., Ltd. All Right Reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの合印 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの合印 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS