価格政策とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 流通用語 > 価格政策の意味・解説 

価格政策

価格政策(price)は、製品政策(products)、販売経路チャネル政策place)、販売促進政策promotionとともにマーケティング戦略4Pといわれ、企業にとっての基本政策一つである。価格政策は、企業が現在置かれている立場、あるいは対象商品市場特性競争商品価格動向などを総合的検討した上で決定されるが、4Pのうち、他の3Pとも密接な関連をもっている。一般的には、需要のうちでも上層位置する需要吸収目指し、やや高め価格設定する上層吸収価格政策や、より多くシェア確保することを目指してやや低め価格設定する市場浸透価格政策などがある。小売業界ではマーチャンダイジング政策として、価格政策を決定なければならない取扱商品カテゴリーごとに中心プライスプライス・ポイント)、上限プライス下限プライスプライスゾーンプライスライン設定する。

価格政策

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/06/18 06:55 UTC 版)

価格政策(かかくせいさく)とは経営学用語の一つ。これは企業経営を行う上で行われている政策であり、自社の製品の価格を戦略的に決定することである。完全競争が行われている市場での価格決定というのは利潤を最大化することが目的となっているが、寡占企業となれば価格決定を行うにあたっては、利潤最大化ではなく企業の目標を達成するためであるということもあることから、価格政策というのは利潤最大化だけが目標として実施されているとは限らないということである。また現時点では利益を出すことができなくても長期的な視野の上で価格を決めるという価格政策が実施されているということがある。たとえば販売している製品の知名度が低いということから、現時点では少ない利益になるにもかかわらず価格を安くして販売して、このことから製品の知名度を向上させるという価格政策が行われていることがある。他には自社で販売している製品の価格を、意図的に高くすることで[高級感を増し、このことから製品のブランド力を高めるといった価格政策が行われていることもある。




「価格政策」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「価格政策」の関連用語

価格政策のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



価格政策のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2019by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの価格政策 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS