争論とは? わかりやすく解説

そう‐ろん〔サウ‐〕【争論】

読み方:そうろん

[名](スル)

言い争うこと。口論。「―が絶えない」「―の種」

議論たたかわせること。論争。「与野党激しく―する」


争論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/10 23:55 UTC 版)

佐藤勝巳」の記事における「争論」の解説

2004年6月23日兵本達吉が、会へ寄付金1000万円を着服した疑いがあるとして、佐藤と(横領行為証拠隠滅したとして)西岡力副会長(現:会長代行)を刑事告発した。兵本は「週刊新潮」(2004年7月29日記事灰色決着した救う会1000万円』使途問題」)で次のように述べている。「私が監査人から聞いた話では、情報提供者とは韓国亡命した北朝鮮の元工作員です。970万円は、500万円、170万円300万円3回分けて支払われたそうです。しかし、1人の元工作員にそんな大金渡っているとは信じられません」「500万円の一部は、元工作員ソウル所有しているマンションローンの返済に充てられたそうです生活費出していたとのことですがいくら何でもやりすぎやっぱり佐藤氏らが辻褄あわせをしたのではないか」。同記事によれば肝心の佐藤は「取材受けられない」と逃げるばかりだった。佐藤西岡島田洋一増元照明らがカンパ費で飲食しており、「救う会」「家族会北朝鮮による拉致被害者家族連絡会)」で問題になっていると批判した佐藤によれば西岡力(現「救う会会長)は平田隆太事務局長とともに横田滋元「家族会」代表、増元照明事務局長身を寄せ組織内部で佐藤意見抑えてきた。佐藤によれば横田NGOレインボーブリッヂ小坂浩彰としばしば飲食をし、運動の内部情報小坂を通じて北に流している。佐藤激怒し横田家族会代表から更迭すべきと主張したが、西岡平田は「そんなことできない」と頑強に反対した。佐藤西岡平田横田辞めさせられないから、北に甘く見られるのは当然だ述べている

※この「争論」の解説は、「佐藤勝巳」の解説の一部です。
「争論」を含む「佐藤勝巳」の記事については、「佐藤勝巳」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「争論」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

争論

出典:『Wiktionary』 (2021/11/21 00:23 UTC 版)

名詞

そうろん

  1. 言い争うこと。

関連語

動詞

活用

サ行変格活用
争論-する

「争論」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「争論」の関連用語

争論のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



争論のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの佐藤勝巳 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの争論 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS