ワーク・メジャメントとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > ワーク > ワーク・メジャメントの意味・解説 

ワーク・メジャメント

別名:WM
【英】:Work Measurement

時間」はコスト発生要因として、ワークシステムの達成目標として、また計画スケジュール基本的要素として、きわめて重要な「測定原器」である。

ワーク・メジャメント(WM)は、この「時間」を総合的活用適用する技術体系である。

原価設定においては作業者の投入時間工数)と設備投入時間正確な予測が必要とされる

実績原価把握においては実績投入時間正確な把握が必要である。操業度計画においては予想される負荷を、時間の単位換算して、持ち工数作業者)、持ち時間設備)との差異確認して、負荷能力差異対策立案作成かつ、実施する。

生産性測定評価においては基準時間(標準時間)に対す投入時間比率パフォーマンス)を測定する。

一般的には、まず有るべき姿の「標準時間」を設定し、その達成度パフォーマンス評価する(現状実力値)。

このパフォーマンスを向上する数々アクション通じ生産性の向上と、原価低減目指す

一方パフォーマンス評価された「現状実力値」に基づいて操業計画生産計画単価設定等を行うこととなる。



ワーク・メジャメントと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ワーク・メジャメントのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ワーク・メジャメントのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JMACJMAC
Copyright (C) JMA Consultants Inc. All Rights Reserved.

©2019 Weblio RSS