メリクロンとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > メリクロン > メリクロンの意味・解説 

メリクロン

新しく伸びかけたの中から1ミリくらいの生長点取り出し無菌の培養基の中で増やす方法親株と同じものがいくつでも作れて便利である。洋ラン栽培に用いられ価格下げるのに役立った。

メリクロン

生長点組織培養生長点培養茎頂培養微細繁殖法(Micropropagation)。 Mericlone(略してMC
メリクロン研究経緯
1960年に、ウイルスに冒されていないウイルス・フリーを得るために、フランス人植物生理学者モレルG.M.Morel)は、シンビジウム生長点切り取り無菌培養を行なったところ、細胞分裂増殖することを発見した。
1963年に、アメリカ園芸学者ウィンバーD.Winber)は、これを増殖応用し、大量クローン遺伝子型が全く同じである)を得ることに成功した。
メリクロンの特徴
オリジナル株(元)と同一を、大量に得られる。
オリジナル株(元)と同一を、低価格購入することができる。
生長点には多く場合ウィルス存在しないので、メリクロンによって得られたウイルスに冒されていないウイルス・フリー)と考えられている(100%安全とは言い切れない)。
一般に選別された良個体をメリクロンするので、山採り株とは比較ならない個体大量に得られる。
パフィオペディラム属(Paph.)は現在、メリクロンできないため、希少性が保たれ、趣味家の間では根強い人気がある。
メリクロンの名称の由来
Apical Meristem Propagated Clone頂端分裂組織繁殖分枝)は、もともと他の植物にも用いる名称だった。この名称を基に、1963年アメリカ協会AOS)の協会誌Lindleyanaの編集者G.Dillon氏が、ラン科植物限って使う名称として、Mericlone(MeriClone)という略称を提唱し、この名が世界中に広まった。

メリクロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/08/04 05:41 UTC 版)

メリクロンとは、メリステムmeristem、主として茎頂 (shoot apex) のメリステム)とクローン (clone) をつなぎ合わせて作られた言葉。すなわち、茎頂培養のことを言う(メリステムのことを和訳して分裂組織という)。




「メリクロン」の続きの解説一覧



メリクロンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「メリクロン」の関連用語

メリクロンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



メリクロンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
園芸ネット園芸ネット
(c) copyright 1999-2019 engei.net all rights reserved.
Park TownPark Town
(C)ParkTown H&M
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのメリクロン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS