無菌培養とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 生物学 > 培養 > 無菌培養の意味・解説 

むきん‐ばいよう〔‐バイヤウ〕【無菌培養】

読み方:むきんばいよう

細菌やかびなどの微生物存在しない環境細胞種子などを培養すること。


無菌培養

生育必要な栄養素を含む無菌の寒天培地に、種子蒔いてを得る方法無菌実生法無菌発芽法無菌播種法
無菌培養の歴史
1922年アメリカ植物生理学者ナドソンLewis Knudson,1884~1958年)が開発した
②日本には1932(昭和7)年に導入され池田成功(日本園芸をはじめとする栽培家から始まり営利栽培に取入れられた。

無菌培養の特徴
①「鉢蒔き法」に比べると大量のを得ることができる。
空気中には、たくさんのカビ細菌浮遊しているので、栄養分のある培地そのまま使うと、それらがすぐに繁殖してしまう。それで、殺菌した無菌状態培地Knudson培地)を使用する
③ランがなくても発芽できるように、培地には栄養分糖類)を含ませてある。
メリクロン生長点培養)でもほぼ同じ培地使用する

無菌培養 (axenic culture)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/03 08:37 UTC 版)

培養」の記事における「無菌培養 (axenic culture)」の解説

単離洗浄といった物理的手法、あるいは抗生物質添加等の化学的な理によって、バクテリア混入までも排除した培養一般に言う 純粋培養

※この「無菌培養 (axenic culture)」の解説は、「培養」の解説の一部です。
「無菌培養 (axenic culture)」を含む「培養」の記事については、「培養」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「無菌培養」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



無菌培養と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「無菌培養」の関連用語

無菌培養のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



無菌培養のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Park TownPark Town
(C)ParkTown H&M
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの培養 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS