フタモンアシナガバチとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 昆虫 > アシナガバチ > フタモンアシナガバチの意味・解説 

フタモンアシナガバチ

和名:フタモンアシナガバチ
学名Polistes chinensis
    ハチ目スズメバチ
分布北海道渡島半島以南),本州佐渡四国九州対馬屋久島沖縄
 
写真(上):フタモンアシナガ成虫(左雌,右雄)
写真(下):フタモンアシナガ巣
説明
体長は約12〜18mm。体色黒色黄色縞模様がある。腹部第2節に黄色の円紋が2個あるのが和名の由来セグロアシナガバチとともに人家付近では最も普通にみられる人家軒下壁面営巣するが,山地では樹木細枝営巣する。最盛期働きバチ数は最大で約100匹である。繭のふたの色は白色沖縄産の個体黄色斑紋発達しており,林縁林内などに営巣するが個体数は少ない。
フタモンアシナガ成虫(左雌,右雄)

フタモンアシナガ巣


二紋脚長蜂

読み方:フタモンアシナガバチ(futamon’ashinagabachi)

スズメバチ科の昆虫

学名 Polistes chinensis antennalis




フタモンアシナガバチと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

フタモンアシナガバチのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



フタモンアシナガバチのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
森林総合研究所森林総合研究所
(C) Copyright 2019 Forestry and Forest Products Research Institute, All right reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2019 Weblio RSS